ここから本文です

なにわ男子から嵐まで……ジャニーズ、異例のYouTubeライブ配信で世界に届けたエンタメの力

4/2(木) 10:00配信

リアルサウンド

 ジャニーズ事務所の所属アイドルによるYouTubeでのライブ配信『Johnny’s World Happy LIVE with YOU』が3月29日から31日、4月1日と、計4日間に渡って行われた。当初は3日間の予定だったライブ配信も「調整中」として予告、翌1日も総集編を交えながら豪華アーティストが出演。ライブ中は常時約30万人前後のアクセスがあるなど、大きな注目を集めた。

ジャニーズJr.から嵐までジャニーズファミリーが集結

 3月29日16時、映像がカウントダウンに切り替わり、横浜アリーナの客席にはペンライトを思わせるブルーの電飾が張り巡らされ、まるで客席にいるかのような演出。そこへ登場したのが白のスーツ姿のSexy Zone。中島健人が「YouTubeをご覧のみなさん、そして世界中のみなさん、僕らジャニーズが、Sexy Zoneが、みなさんを笑顔にします!」とライブがスタート。続く、HiHi Jetsは冒頭で、高橋優斗が「僕たちの名前呼んでくださいー!」とライブさながらの煽りをみせ、気持ちを掻き立てられる「HiHi Jet」を披露。次いで出演したSixTONESは、ラストに「Laugh In the LIFE」を。「ほらみんなこっちおいで」と手招きした松村北斗。ジェシーも「負けるなよ!」と勇気づけた。

 20時台は関西勢が登場。なにわ男子、ジャニーズWEST、関ジャニ∞と、特にジャニーズWESTの替え歌はユーモアにあふれる彼ららしい一幕。改めて関西ジャニーズ勢のライブを一挙に観ることがなかったので貴重な配信となった。特に関ジャニ∞はYouTube初登場で、YouTuberになれた!? とソワソワしていた横山裕が印象的だ。タイムラインのスクロールはハイスピードで更新され、ライブ配信視聴者数は約30万人が視聴していた。

 3月30日16時台にKis-My-Ft2、山下智久はTravis Japanをバックダンサーに迎えて「抱いてセニョリータ」などを披露。また山下の曲ふりでTravis Japanがオリジナル曲をパフォーマンスした。ちなみに密着映像では山下に「一緒に写真撮ってください」とお願いするTravis Japanの姿。憧れの先輩とのコラボステージが誕生した。

 20時台はKing & Prince、A.B.C-Z、KAT-TUNが出演。King & Princeは音楽番組とは少し違うテンションの高さで盛り上げていたのが印象的だ。岸優太は「さっきから終始、笑顔爆発ですよ」と弾け、平野紫耀も「こういう時だからこそ前を向いてがんばっていきたい」と笑顔をみせた。そして、ここまで“手洗い動画”への出演のみで心配していた人も多かったことだろう、A.B.C-Zもパフォーマンスを披露。新曲「チートタイム」で、今日だけでないこの先の楽しみももたらしてくれた。

 KAT-TUNは、事前にSNSでファンから“治安の悪さ”を(褒め言葉)懸念されていたが、炎にスモーク、カメラアングルと、何時なんときも一切の妥協ナシのこだわりを盛り込んだ演出。ガチ恋口上ソングと呼ばれる「We are KAT-TUN」の歌詞の一部を手洗い、うがいに変更。背面のスクリーンにも「うがい、うがい、うがい……」と一面に表示し、強く訴えた。

 3日目となる3月31日は、冒頭でSMAPの「世界に一つだけの花」のメロディを流しメッセージを配信。集まれるタレントのスケジュールを調整し、「発信することで今のジャニーズファミリーの世界中の皆様 日本中の皆様 そしていつも応援してくださっているファンのみなさまに笑顔と元気が届けられるように今回特別なステージを作りました」と伝えた。今回、出演が叶わなかったグループについても「様々な形のメッセージで『Happy』を届けたい」とした。そして、4月1日のラストを飾ったのが嵐。「season」など季節感ある選曲で、ライブ配信の締めくくりにふさわしく、みんなを包み込むようなステージで幕を閉じた。

 どのグループにも共通するが、とても無観客とは思えない臨場感たっぷりのステージで、ジャニーズのパフォーマンス力、エンターテイナーとしての心意気を感じた。

1/2ページ

最終更新:4/2(木) 10:00
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事