ここから本文です

身長163センチながら今季2勝の20歳!清水悠太が実践するシンプルな食事術【男子テニス】

4/2(木) 19:00配信

THE DIGEST

 ドーナッツが大量に並ぶボックスを覗き込み、「えー、どれにしよう……」とつぶやく口角が、緩やかに上がっていた。

【日本人男子選手PHOTO】NEXT錦織は誰だ? 世界を目指す男子選手たち

 この日は、彼が拠点とする“テニスラボ”のメンバー複数名への、ささやかな合同誕生日。そのお祝いに用意されたドーナッツを目の前にして、彼は先輩たちの目を気にしつつ、「チョコレート、好きなんですよね」と気恥ずかしそうに笑いながら、チョコでコーティングされた一輪を選び取った。

 プロ3年目を迎える20歳。最高位は、今年3月上旬に達した313位。

 コーチである父の手ほどきでラケットを握った清水悠太は、幼少期から食事にも自然と気を配る環境下で育ってきたという。

「父はそこまで食事については言わなかったんですが、母親は気を使ってくれていたようで、おかずも多かったし、バランスも考えてくれていたと思います。子どもの頃は、苦手なものは多かったです。キノコや貝類とか、茄子とか……。でも、親には『食べなさい』と言われていたので、いやいや食べていました」
 
 渋る子どもに食べさせる術を、親は熟知していたのだろう。

「身体に良いから!」

 その一言を耳にすると、悠太少年は「そうかな」と小首をかしげつつも、苦手な食べ物も身体に押し込んだという。

 ジャンクフードや、お菓子が家にあまりなかったという清水家では、甘い飲み物が食卓に上がることも無かった。

「家にジュースなどは無かったです。飲み物は、牛乳か水、あとはお茶でした」

 小柄なスポーツ少年の例にもれず、清水も子どもの頃から、牛乳はよく飲んでいたという。「でも、伸びなかったですね」と苦笑いする彼の身長は、163センチ。ただその小柄な身体を、彼はハンデやコンプレックスに思う素振りは、まるで見せない。

「身長を自己申告するなら、僕はむしろ小さめに言うと思います。ツアーで一番小柄な方が売りになりますし」

 例え上背はなくとも、彼にはそれを補うフットワークと、攻守でコートを広く用いる守備力及び創造性がある。バランスの良い体躯とオールラウンダーなプレースタイルも、食事を含めたバランスの良さを反映したものだろう。

 そんな彼が、食べ物に自発的に気を配るようになったのは、プロになった頃だという。
 

1/2ページ

最終更新:4/2(木) 19:00
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事