ここから本文です

山本昌が球児の球数問題に一案 「反発係数の低い金属バットの導入を」

4/2(木) 17:00配信

webスポルティーバ

球界のレジェンド・山本昌氏×『BUNGO-ブンゴ-』二宮裕次先生対談(後編)

『ヤングジャンプ』で好評連載中の野球マンガ『BUNGO-ブンゴ-』の最新22巻の発売を記念して実現した二宮裕次先生と山本昌氏の対談。前編では中学時代に補欠だった山本昌氏が、いかにしてプロに入り、球界のレジェンドに上り詰めたのかを中心に話が展開されたが、今回はプロ野球がいつ開催されるのか、いまだ見通しが立たない状況ではあるものの、今シーズンのセ・リーグの展望をはじめ、高校球児の球数制限についても意見が交わされた。

山本昌の話に漫画家・二宮裕次が驚き「スクリューは遊びで教わった」

二宮 昌さんは阪神の臨時コーチを務めて、キャンプでは投手陣を指導されていましたね。当然、昌さんが指導された阪神投手陣は気になるのですが、個人的にはどうしても中日が気になってしまうのですが......(笑)。今年の中日は大丈夫でしょうか?

山本昌 それぞれの選手が持ち味を発揮すれば強いはずですよ。昨年、後半戦に優勝争いをする巨人の原辰徳監督やDeNAのラミレス監督に聞いたら、「中日はいま一番強いからやりたくない」と言っていました。キャッチャーが固まれば、先発投手の枚数はいますから。野手も高橋周平が覚醒して、阿部寿樹と打てる選手が出てきました。京田陽太も成長してきているし、野手のレベルはリーグトップクラスでしょう。

二宮 おおっ、それは楽しみです。課題があるとすればどこでしょうか。

山本昌 選手層の厚みですね。ケガ人が出ると、代わる選手が少し弱いなと感じます。昨年の日本シリーズで僕は解説を務めたのですが、ソフトバンクの層の厚さをまざまざと感じました。あの内川聖一や中村晃が代打でスタンバイしていても勝てるのですから。私はセ・リーグ出身ですし、セのチームにも頑張ってもらいたいのですが。

二宮 セ・リーグの優勝争いはどのように予想されていますか?

山本昌 巨人、中日、阪神がAクラスではないかと見ています。DeNAも強いので気になりますけど、筒香嘉智(レイズ)の穴は大きいと思います。

二宮 オープン戦は不調だったとはいえ、どうしても巨人の壁が高く感じてしまうのですが......。

山本昌 でも、各チームの戦力差なんて、1~2人分くらいなんですよ。

二宮 そうですか?

山本昌 試しに、巨人から坂本勇人と丸佳浩が中日にくると想像してみてください。

二宮 ものすごくいいイメージが湧いてきました(笑)。

山本昌 そうでしょう?(笑)。パ・リーグのチームが強いのは、DH制だから、常に野手をひとり多く試合に出せる点が大きいと思います。選手が一番育つのは試合ですからね。交流戦や日本シリーズでDHを使うと、セとパで差が顕著に出てしまいますから。

二宮 そういう目でプロ野球を見ると楽しいですね。一方で、高校野球は春のセンバツが新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になってしまい、残念でした。

山本昌 一時は開催する方向だっただけに、ショックを受けた高校生も多かっただろうと思います。残念ですが、こんな状況ですから仕方ないですね。

二宮 球児の投球数制限の議論がなされていますが、昌さんのお考えはどうですか?

1/2ページ

最終更新:4/2(木) 17:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事