ここから本文です

DeNA・田部隼人 確実性ある打撃で一軍を目指す

4/3(金) 11:03配信

週刊ベースボールONLINE

 近年になくファームの選手たちが元気な印象を受けるのは気のせいだろうか。シーズン開幕を待つ状況ではあるが、今年のベイスターズは“下”からの突き上げが激しい。特に野手では、百瀬大騎、宮本秀明、関根大気、知野直人、飛雄馬らがチャンスを生かそうと一軍、もしくは二軍の実戦でアピールを重ねてきた。

2020年ルーキー、ここまで好調なのは誰?

 ルーキーも同様だ。4人の野手が沖縄キャンプから実戦で、生き生きとプレーしている。そんななかでドラフト5位入団の田部隼人が面白い存在。梶谷隆幸と同じ島根・開星高出身。身長185センチの大型遊撃手で甲子園でのプレー経験はないものの、同期入団で同じ高卒内野手であるドラフト1位の森敬斗に対しても見劣りしない。

 2月25日の中日二軍との練習試合(読谷)では、松葉貴大から3ランを左翼スタンドへ運び、長打力を見せつけた。とはいえ、田部は「僕はけっして長距離打者ではない」と言う。「自分の武器は当てること。ミートには自信があります」と自己分析する。

 実際に、高校時代の通算本塁打は15本と多くない。一方で特筆すべきは打率で、公式戦通算打率.409とハイアベレージを残している。2年秋の大会では警戒する相手チームが中堅から左の外野に野手4人を配置する「田部シフト」を敷かれるも、かまわず強振してレフト前ヒットにした。「あれは、(相手が取った自分への)ひっぱり対策なので」と謙遜するが、強打を裏付ける一つのエピソードだろう。

 試合に出るためには、遊撃の守備も向上させる必要がある。「守りではハンドリングに自信あります。入団する前は(自分の)肩は強いほうだと思っていたけど、森とかもすごいので、あまり言わないようにします」と笑顔をのぞかる田部の背番号「55」。筒香嘉智がルーキーイヤーに着けた同じ番号を背負い、1日も早い一軍昇格を目指す。
文=滝川和臣 写真=榎本郁也

週刊ベースボール

最終更新:4/3(金) 11:32
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事