ここから本文です

リモートワーク、臨時休校で7割が出費増 家事負担と食費が増える

4/3(金) 15:00配信

オーヴォ

 リモートワークの効率や長短所についての議論が盛んになっている。リモートワークや臨時休校に伴う家事や費用負担に関するコスト調査(ミーニュー・東京)によると、73%が出費が増えたと回答。一番増えたのは食費であることが分かった。

 東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県に住む20~40代の女性で、リモートワーク中(もしくはリモートワークをしていた人)で子どもが臨時休校中という600人を対象にした調査。出費が減ったという人はわずか27%。出費増の人(438人)のうち、54.8%が食費が増えたと答えた。続いて外食費が増えた人が12.5%。子どもの食費はもちろん、自宅や近所のカフェなどで仕事をする機会が増えたのが影響していそうだ。1日平均の出費増加額は、最も多いのが500~1,000円(38.4%)、次点が500円以下で26.3%。



 家事についても、「増えた」と答えた人が41%。献立を考える事(29.1%)や、料理(27.6%)、買い物(17.1%)などがその内容として挙げられ、リモートワークや臨時休校により、食事にかかわる負担が増えていることが浮き彫りになった。

最終更新:4/3(金) 15:00
オーヴォ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事