ここから本文です

XJ650ターボ、CBX400F、モトコンポなど、現代に復活して欲しいバイクが多数登場!【日本バイク100年史 Vol.025】

4/3(金) 6:32配信

webオートバイ

(1982年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

日本バイク100年史の写真を全て見る(24枚)

ヤマハRZ50 1981年6 月

50ccクラス初となる水冷エンジンは、安定した吸入気が得られる吸気デバイスYEISを装備し、90km/hに迫るトップスピードと好燃費を両立した2ストピストンリードバルブの単気筒。タービン型キャストホイールにカンチレバー型モノクロスサスペンション、本格的ダブルクレードルフレームなど、車体の仕上がりも本格的で、人気を博した。

ホンダ CBX400F 1981年11月

クラス唯一のDOHC4バルブは、中空カムシャフトやオイルリザーバータンクを装備し、パワーも当時最強の48PS。インボードディスクブレーキやアルミ鋳造スイングアーム、セミエアサスなど車体の完成度も高く、テールとウインカーを一体化したコンビランプなど、デザインでもライバルをリードした。

カワサキ Z400FX[E4] 1981年10月

当時の400ccではまだまだ珍しい4気筒エンジンを搭載しており、しかも走り・スタイル共に極めてスポーティなことで人気だったZ400FX。フルトランジスタ点火やフロントセミエアサス、チューブレスタイヤなど充実の装備が与えられ、歴代モデルの中でも人気が高いのがこのE4型だ。

ホンダ モトコンポ 1981年11月

背の高いトールボーイデザインを採用し、当時爆発的な人気となった乗用車・シティのオプションとしても設定された、超コンパクトなスクーター。上面がフラットになる折り畳みハンドルや収納式シート、ガソリンやオイルが漏れ出さない燃料配管など、シティのトランクに積載することを前提にした設計だ。

ヤマハ XJ650ターボ 1982 年

世界初のキャブレターターボシステムを搭載し、三菱重工製のタービンをクランクケース後方に配置。二重の安全機構を採用し、インジェクションに劣らないポテンシャルを発揮した。メーターパネル中央には電気式ブースト計を配置し、各種インジケーターにはカラー液晶を採用。

オートバイ編集部

最終更新:4/3(金) 6:32
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事