ここから本文です

美しい!「東南アジア」で話題のインフルエンサーたち

4/3(金) 19:02配信

コスモポリタン

アジアの富裕層を描いた映画『クレイジー・リッチ!』のヒットも記憶に新しい今、アジア出身の新生スターが続々と輩出されています。

【写真】ハリウッドを席巻中!愛せずにいられない、アジアン女優

そこで今回は、東南アジアに拠点を置く話題のガールズを、インフルエンサーウォッチャーのライターが厳選。美容やワークアウト、ボディ・ポジティブに精通した押さえておくべき人物を、一挙ご紹介します!

ダヴィカ・ホーン(タイ)

ダヴィカ・ホーンはタイで活躍するモデル兼女優。タイ国内では「マイ」の愛称で親しまれ、国内外で様々な賞を受賞、主演ドラマが海外で放送されるほど。タイでもっとも人気のある女優の一人です。

2018年のミラノファッションウィークでは「Dolce & Gabbana」のランウェイを歩き、世界的にも有名に。

ファッショニスタとしても知られ、なんと1千万以上のフォロワーを抱える<Instagram>には、今すぐ真似したくなるようなハイセンスなコーデがたくさん! ファッションウィークのスナップでもよく見かけるようになってきたマイ。今後ますます人気が出そう。

ウチタ・ポーハン(インドネシア)

ウチタ・ポーハンは、インドネシアで活動するラジオアナウンサー兼ライフスタイルインフルエンサー。

SNSで活躍する身として、自身に向けられるものを含め、否定的なコメントをよく目にする環境にいるウチタは、容姿に関するバッシングを「ビューティーいじめ」と呼び、それによって自分が傷付いたり自信をなくす必要は全くないとコメントを発信しています。

音楽アプリ<Spotify> のポッドキャスト『リッスンアップ!』では、「外出先でも手軽に聴ける、人生のレッスン」と銘打ち、毎日をポジティブに過ごせるコンテンツを配信中!

リブ・ロー・ゴールディング(シンガポール)

シンガポールを拠点に活躍するリブ・ロー・ゴールディングは、元モデルのヨガインストラクター。映画『クレイジー・リッチ!』で主役を務めたヘンリー・ゴールディングの妻でもあります。

10代の頃からトップモデルとして活躍したリブがフィットネスの世界に足を踏み入れたのは、モデル時代の経験がきっかけ。食事制限のせいで痩せ細り、過食症や生理不順にも悩まされていたとき、ヨガと出会って心身の健康を取り戻すことができたのだそう。

2017年にオンラインプログラム『FitSphere』をローンチしたほか、アジアやアメリカでレッスンも手掛けています。

チー・プー(ベトナム)

チー・プーは、ベトナム生まれ、ベトナム育ちの女優兼シンガー。10代の頃からアイドルとして活躍を始め、人気TVシリーズ『5S Online』などへの出演を通し、女優としてのキャリアを築いてきました。

2015年には<ELLE ベトナム版>が主催する、ファッション・映画・音楽の分野でもっとも輝いた新人アーティストに贈られる「ELLE Style Awards」を受賞。

最近ではコロナウイルスの流行に対して、20億ドン(約1,000万円)に加え、大量のマスクやサニタイザーを病院に寄付しました。

最終更新:4/3(金) 19:02
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事