ここから本文です

新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

4/3(金) 21:17配信

ニューズウィーク日本版

日本と同じく独自路線を行く国に「4月末には国民の半数に当たる500万人が感染するぞ」は本当か

[ロンドン発]新型コロナウイルス・パンデミックで都市封鎖が日常の光景となった欧州で独自路線を進み、「4月末には国民の半数に当たる500万人が感染するぞ」と数学者から警告されている国がある。スウェーデンだ。

「感染者数が少ないのは十分なPCR(遺伝子)検査を実施しないからだ」と批判される日本とスウェーデンの各種データを比べるため、自分で表を作成した。スウェーデンのPCR検査の実施件数は人口100万人当たりで日本の約12倍もある。

新型コロナウイルスの感染症数理モデルを各国に提供する英インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授らの報告書によると、スウェーデンは自己隔離・社会的距離の推奨・イベント禁止・休校措置はとっているものの、都市封鎖はしていない。

このため実効再生産数(感染者1人からうつる二次感染者数の平均値、とられた対策によって変化する)は2.64と高い。コロナの流行を収束させるにはこの数値を1未満に抑えなければならない。日本の実効再生産数は専門家会議の分析では3月上旬以降、連続して1を下回る。

<すでに100万人が感染か>

スウェーデン政府は感染爆発で医療崩壊が起きたイタリアやスペインなど他の欧州諸国と異なり、市民に「大人の対応」を求める。国家による規制より、市民の自主性、個人の自由を重んじようというわけだ。ウイルスとの戦いは短期決戦ではなく長期戦になるのは不可避だからだ。

感染を防ぐため気分の優れない人、70歳以上の高齢者には自己隔離が勧告されているが、50人以上の集会が禁止されたのは3月29日からと遅かった。可能な範囲で在宅勤務と在宅学習が促され、バーやレストランは濃厚接触を避けるため座席があれば接客が認められている。

スウェーデンの社会契約は歴史的に市民の国家への信頼、国家の市民への信頼、市民間の信頼に基づくとされる。単身世帯の割合はスウェーデン50%超、日本はちなみに35%。イタリアやスペインは大家族の世帯も少なくなく人間関係の距離が近い。スウェーデンはその対極にある。

同国のステファン・ロベーン首相は「私たちは皆、個人として責任を負わなければならない。全て立法化して禁止することはできない。常識の問題だ。大人である私たちはまさに大人として行動する必要がある。一人ひとりが大きな責任を負っている」と訴える。

しかし現在の実効再生産数を見ると「もうスウェーデンでは最大100万人が感染している恐れがある。4月末には最大500万人が感染しているだろう」(トム・ブリトン・ストックホルム大学教授)という警告も決して絵空事とは思えない。

1/2ページ

最終更新:4/6(月) 10:07
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事