ここから本文です

隠すほど老ける。大人こそ”ファンデ部分塗り”のすすめ【ヘアメイク菊地美香子さん】

4/3(金) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

スタイリスト白幡啓さんと、メイクアップアーティスト菊地美香子さんに、大人世代があか抜けて見えるファッションとメイクの極意を伺う企画、今回は【メイク編】。顔全体に丁寧にファンデーションを塗るのはもう古い!という菊地さんに、大人があか抜けて見えるベースメイクの方法をうかがいました。
 

「メイク前マッサージ」と「ファンデ部分塗り」で作る大人のニュアンス肌【ヘアメイク菊地美香子さん】

大人のニュアンスは「隠す&出す」のバランスにあり!【メイク編】

菊地さん:「街では、ファンデーションを塗りすぎている方をまだまだ見かけます。もう少しベースメイクが薄ければもっと素敵なのに…!って思うことも多々あって」
白幡さん:「私も含め、ファンデーションにコンシーラーを重ね、シミやシワをカバーする“隠す”メイクを教わってきた世代ですから。でもそれってもう古いんですよね?」
菊地さん:「そうそう。昔に比べて、下地もファンデーションも格段に進化しているから、ファンデーションはあえて“部分塗り”でOKな時代なんです」


Q.メイクの思いこみ
ファンデーションは顔全体にムラなく塗るもの、と思っていました。

A.菊地さんの回答ファンデーションを塗るのは”顔の中央”だけで十分。その代わり、下地はきっちりと!塗っていない顔の外側が天然のシェーディングに

 
塗るのはこの部分だけ

 まず下地を薄く均一に顔全体に伸ばします。その後でファンデーションを塗るのは、Tゾーン、鼻と目の下、あごのみ。顔の中の小さな逆三角形の部分に塗るイメージで。リキッドタイプを使って、塗りすぎないように薄ーくのばすのがポイントです。フェイスラインには何も塗らないことで、陰影がつき、天然のシェーディングが出来あがります。

鼻、頬骨…高いところにツヤがあるだけで、立体的で洒落た顔に

 実際にモデルにファンデーションを塗っているのも、上記でご紹介した部分だけ。顔の外側を塗らないことで、自然の陰影が生まれます。カーディガン¥13500/フレイ アイディー(フレイ アイディー ルミネ新宿2店) ピアス¥27000/ファリス(エストネーション)

菊地さん:「私たちの服は、昔と比べてものすごくカジュアルになってきているのに、メイクだけは隙がなくきっちりしていると、首から上と下の印象がちぐはぐに見えるんです。私は大人になるほどベースメイクは薄く、と思っているのですが、厚塗りするほど、時間が経てば毛穴の凹凸も強調されるし、肌の透明感も濁ってしまう。大人の女性には、メイク感を悟られないほどのナチュラルな仕上がりが素敵だと思うんです。少しくらいのシミやシワは、大人になれば誰にでもあるもの。肌悩みは隠すのではなく、光感で飛ばすイメージで。
ファンデーションは顔の中央の部分に塗るだけで、フェイスラインは塗らずに、そのまま自然な陰影として活かしてみてください。私たちの顔はいろんな凹凸、骨格で構成されています。この立体感を自然に活かすのが、ファンデーション部分塗りなの。顔にはカバーするエリアと思い切って塗らないエリアがあってOK、そのメリハリが立体感を生むんです。
そして、ベースメイクで最も重要なのが下地!部分塗りするファンデーションとは対照的に、下地は顔全体に薄く均一につけます。気になる毛穴やくすみも光で程よく飛ばしてしまうイメージ。一番のおすすめはパール感あるグロウタイプで、おしゃれなツヤ肌に仕上がります。そうして肌レベルも底上げして、次に使うファンデーションの量は最小限に。今っぽいツヤを作れる化粧品が増えているので、ぜひベースメイクからアップデートしてください」
 

1/2ページ

最終更新:4/3(金) 15:36
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事