ここから本文です

世界中で在宅勤務の将来について関心が高まる コロナを奇貨に在宅勤務拡大を

4/3(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2020年4月11日号> 今、世界中で在宅勤務の将来について関心が高まっている。新型肺炎の猖獗(しょうけつ)によって、多くの国で通常の出勤が困難な労働者が増えた。3月半ば以降には、英国、フランス、イタリアなどで国のトップが相次いで全国的な在宅勤務への移行を指示した。さらに、米ニューヨーク州でも、知事が必要不可欠な業務以外は家での仕事を命じるなど、半強制的な形での導入が行われている。 本文:1,254文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

太田 聰一 :慶応義塾大学経済学部教授

最終更新:4/3(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る