ここから本文です

新型コロナ影響で、“内定取り消し”された女性たちの嘆き

4/3(金) 15:48配信

女子SPA!

 新型コロナウィルスの感染拡大で日本経済の混乱が続く中、4月入社の新卒学生にも「内定取り消し」が発生しているといいます。そんな最中、「内定を取り消されたのは新卒だけじゃありませんよ……」と肩を落とすのは、地方の旅行関係の仕事に就く女性です。

 松田真由子さん(仮名・32歳)は、コロナ感染拡大が世界的にそこまで問題視されていなかった1月に転職活動をしてしていたといいます。

コロナで航空会社の内定が取り消しに

「転職はかなり前から考えていたことなので、タイミングを見て良いところがあれば……と思っていました。前職は航空会社、今は旅行関係なので同じような仕事で自分のスキルを生かせられればと。周囲の人にも色々相談に乗ってもらって、紹介してもらった求人は全部で30社。その中で1番良いと思ったのが、自分が好きな国でもある欧州の航空会社だったんです」

 学生の頃から海外留学を経験しており、大学卒業後はヨーロッパで就職をしていた経験を持つ松田さん。語学も堪能なので、転職にはさほど苦労しなかったといいます。

「面接は順調に進んでいき、2月中旬には内定が確定しました。勤務も4月からに決まり、今の会社に退職届を提出して引き継ぎも進んでいました。そんな中、クルーズ船とともに突然コロナウイルスのニュースが入ってきて……。初めは、大丈夫だろうと思っていた旅行系のうちの会社にもキャンセルが相次いできたんです。

 そんな対応に追われている中、内定をもらった航空会社から『採用内定を延期したい』というメールが来たんです。そのときは、コロナの影響ではなくて中東経済が関係していたという噂もありましたが、あっという間にコロナの感染拡大が広がってしまい、その話もうやむやになってしまった……という感じですね」

もう退職届け出しちゃったよ…

 コロナの影響を直接受けて内定取り消しになったというわけではなさそうですが、どちらにせよこのまま転職できなくなってしまうのは間違いないかも……と松田さんは語ります。

「でも、会社に退職届を出してしまっていましたからね……。引き継ぎも途中だったし、何よりコロナの影響で会社全体が落ち込み気味で。一時は次の職の当てもないしどうしようと本気で焦りましたよ。

 でも、それからしばらくして、コロナで海外旅行に行けないので国内旅行をするお客さんが少し増えたそうなんです。今は県によって外出自粛要請を出していているところもあるので何ともいえないのですが、私の地域は割と観光客が増えています。

 まぁ、うちの会社でも部署によって繁閑はハッキリしているのですが、それでも上司が退職届を取り下げてくれて会社に残留が決まったのが唯一の救いです。今の状況で転職なんてとても無理そうですしね……」

 松田さんが勤務する場所は国内旅行先として人気の観光地だったため残留が決まりましたが、もし他の地域だったらどうなっていたか分かりません。しかし、内定取り消しになったのは国内だけの話ではありません。

1/2ページ

最終更新:4/3(金) 15:48
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事