ここから本文です

ロッテ・佐々木朗希 見せつけたスピードと制球力/飛び出せ!イチ推しルーキー

4/4(土) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 調整のステップを踏むごとに、その期待感は増していった。ドラフト1位ルーキー、佐々木朗希が3月24日、ZOZOマリンで行われた練習で打撃投手を務め、プロで初めて打者と対戦した。全て直球で25球を投げ、最速157キロを3度マークしたが、「球速にばらつきがあった。安定していい球を投げられるようにしたい」と満足する様子はなかった。

 特筆すべきは制球力の高さだ。福田光輝と茶谷健太の若手打者2人に対し、きっちりとストライクゾーンにボールを集めた。見守った吉井理人投手コーチは「球の速さもそうだけど、初めての打者相手の投球で注目される中、ほとんどストライクだった。すごいと思った」と賛辞を惜しまない。

 吉井投手コーチら首脳陣が考えた育成プログラムの下、徐々に投球の強度を上げてきた。初めてブルペンに入ったのは、沖縄・石垣島キャンプの最終日となる2月13日。投球練習で初めて変化球を投げたのは3月13日だった。高校時代の好調時の感覚に戻している段階で「自分でも気を使いながらやっていきたい。状態は上がってきているし、もっと投げればさらに上がっていく」と頼もしい。

 3月27日には2度目の打撃投手を務めて変化球も解禁。新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が大幅にずれ込むなど、プロ野球界も大きな影響を受けている。そんな中で「令和の怪物」が見せつける圧倒的なスケール感は、開幕を待ちわびるファンに明るい話題をもたらしている。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/4(土) 12:15
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事