ここから本文です

人気イラストレーターLAMの初個展「目と雷」に、強酸性雨に打たれたSFバイク展示

4/4(土) 6:31配信

WEBヤングマシン

仕掛け人は「北野内燃機」も手がけたあの人

ゲームやコマーシャルなどデジタルアートで多岐にわたり活躍する超人気イラストレーターLAMさん(雷雷公社)の初個展「目と雷」が、3月13日から4月5日まで東京・表参道 pixiv WAENGALLERY にて開催されている。ビビッドでキャッチーなイラストが展示される会場の真ん中には、バイクとそのバイクが描かれたイラストがあり、突然の登場に中高生らもザワついている。この仕掛けは、いったい何だ!?

中高生にも人気の若手クリエイター! その個展になぜカスタムバイク!?

敏感な若者たちが押し寄せる東京・表参道のギャラリー、pixiv WAEN GALLERY。4月5日(日)まで、いちど見たらカラダに電流が走りトリコとなってしまう、ビビッドでキャッチーなイラストたちがディスプレイされている。LAM(雷雷公社)の初個展「目と雷」だ。

LAMさんは、専門学校HAL 2019年度CMアートワークやVRミステリーアドベンチャーゲーム・東京クロノス、アーケードリズムゲーム・WACCAキャラクターデザイン、2019年北京で開催されたBICAF国際コミック&アニメーションフェスティバルではメインビジュアルを手掛けるなど活動の幅を広げ、ファンが急増する一方。「雷雷公社」として、デザイナー・カトウシュンスケさんと活動をともにしている。

〈LAMさんの初個展「目と雷」、pixiv WAEN GALLERYにて4月5日まで〉

会場のど真ん中には、バイクとそのフロントマスクが女の子と一緒に描かれたイラストがあり、注目を浴びている。「このバイクはいったいナニか?」「実際に走るのか?」といった問い合わせもあり、反響が大きい。バイクに興味のなかったティーンエイジャーらにも、強烈なインパクトを与えているのだ。

〈LAMさんが描いた初のバイク作品。強烈なインパクトを見るものに与えている〉

バイクは、カスタム界の重鎮、TASTE :: CONCEPT MOTOR CYCLE(テイストカスタムコンセプト)河内山 アキラさんがクリエイトしたビューエル「BATTLE CYCLONE(バトルサイクロン)」。ベースは2008年式XB12Rだ。カトウさんの愛車であり、今回の個展に飾るために河内山さんが製作した。

1/3ページ

最終更新:4/4(土) 6:31
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事