ここから本文です

新型コロナウイルスがもたらす世界の“異変”を、ビッグデータは捉えていた

4/4(土) 12:40配信

WIRED.jp

そのとき、マレーシアのインターネットに異変が起きていた。サイモン・アンガスは、データを調べれば調べるほど、マレーシアが新型コロナウイルス危機の真っただ中にあるのではないかという疑念を強めていった。3月13日のことである。

感染者数はかくして指数関数的に「爆発的増加」する

アンガスはモナーシュ大学の研究者であると同時に、世界のインターネット接続の品質分析を通して経済や社会の実態を探り出すメルボルンの企業、Kaspr Datahausの共同創業者でもある。同社はネット接続された数百万台の機器をモニタリングし、世界中のネット接続速度を測定している。

アンガスたちが見れば、どこかの国でインターネットの接続スピードが急激に低下した場合には、何かがネットワークを圧迫していることがわかる。在宅勤務や自主隔離、予防措置として外出を避けるといった理由からインターネットの利用率が通常より高まるなか、新型コロナウイルスのエピデミック(局地的な流行)とその“何か”が関連しているのではないかというのが、ここ数週間における仮説だ。

「自分が住む地域がロックダウンされている人やパニックを起こしている人、あるいは自主隔離している人にとって、インターネットは本質的に重要な情報源であると同時に、娯楽を消費する場になっています」と、アンガスは言う。

あからさまな言い方をすれば、人々はNetflixを視聴し、TikTokを閲覧し、Zoomで通話し、「フォートナイト」をプレイし、だらだらとTwitterを眺めている人が通常よりも数百万人増えれば、その国のインターネットの品質に影響が出るということになる。欧州連合(EU)委員のティエリー・ブルトンがNetflixに対し、この緊急事態が過ぎ去るまで高画質のストリーミングを制限するよう求めた理由もそこにある。

マレーシアで静かに進行していた感染拡大

ネットワークをスキャニングしていたアンガスは、マレーシアのインターネット接続が3月12日から13日にかけて5パーセント遅くなっていることを発見した。これは国全体がロックダウン状態にあるイタリアを下回る数字だった。

ところが公式発表では、マレーシアにおける新型コロナウイルスの感染者はわずか129人だった。これは比較的少ない数字だったが、その1週間でわずかながら増加を続けていた。

だが実際のところ、国民は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対する政府のずさんな対応に気づいていたのだ。2月下旬、のちに大きな失態だったと明らかになる出来事が起きた。政府当局は、クアラルンプールで開催される大人数が集まる宗教行事の開催を許可したのだ。

この行事の参加者から新型コロナウイルスの感染者が現れ始めると、政府はあわててすべての参加者の追跡を開始した。ところが、政府が発表した参加者数は誤ったものだった。当初この行事に参加したマレーシア在住者の数は5,000人と公表していたが、その後1万人、さらに1万4,500人へと訂正されたのである。この失態が明らかになったことで、多くのマレーシア国民が純然たる自衛本能から外出を避ける決断をしたと見られている。

「多くの人々は、すでに何が起きているのか気づいてパニックを起こし、状況への対応として行動を変え始めていたようです。このシグナルをわたしたちが拾い上げたのです」と、アンガスは言う「マレーシアのインターネット環境は素晴らしいとは言い難いもので、おそらく元からネットワークが脆弱な状態にあったのでしょう」

こうしてマレーシアは、3月16日にロックダウンに踏み切った。世界保健機関(WHO)によると、3月18日の時点でマレーシアの感染者数は553人だったが、最近の報道ではその数は900人に上ると報じられている[編註:4月4日には感染者数が3,000人を超えた]。

「わたしたちのデータは、新型コロナウイルス感染症であるCOVID-19の影響でマレーシアのインターネットの基幹回線が圧迫され、何らかの深刻な事態に陥っていることを示唆していたわけです。それが事実だったことが明らかになりました」と、アンガスは言う。

1/3ページ

最終更新:4/4(土) 12:40
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事