ここから本文です

綾部祐二、NYで学んだのは「英語はハグと握手のタイミング」

4/4(土) 20:32配信

SmartFLASH

 4月1日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で、ピース・又吉直樹が、2017年からニューヨークに移住している相方・綾部祐二について語った。

 又吉は、綾部について「『スターになりたい』っていうのをずっと言ってます。いまはすごい楽しんでるみたいです。ホームシックになることもなく。ハートは強いっすよ」と指摘。また、「英語を覚えに行ってもう2年ぐらいになるんですけど、最近『英語はハグと握手のタイミングだ』って言ってるらしいです」と話して笑いを誘った。

 今後のコンビの活動については、「僕は(綾部が)帰ってきたらやりたいんです。でも、綾部がニューヨークで何かの間違いで本当にスターになってくれると、面白いなと思う」と、綾部の現地での成功を期待する様子。

 又吉は、2019年10月8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、綾部について「最近はベトナム人の70代の熟女とよくお茶してる」と報告。さらに「最近、うどんにライムを入れるとすごくおいしくて、これでニューヨークでひと儲けできるんじゃないかって言ってるらしいんで、莫大な借金を抱えて帰ってくると思います」と語っていた。
 
 綾部は3月16日のインスタグラムで、新型コロナウイルス感染拡大により、閑散としている現地の様子を動画で公開していた。覚悟を決めてアメリカに飛んだ綾部。ぜひ何かを成し遂げて帰ってきてほしい。

最終更新:4/4(土) 22:10
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事