ここから本文です

【ダイエット】お米は抜かずに14kg減! ダイエット美容家・安藤絵里菜さんのゆる痩せのコツ

4/4(土) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

頑張りすぎは効果なし! ゆる痩せ生活で美と健康をゲット

過去、大幅減量に成功した経験を持つ美のプロたちの「私はこうして痩せました!」という体験談をお届けする連載企画。今回のゲストは、ダイエット美容家・ヨガインストラクターの安藤絵里菜さん。芸能界デビュー後に60kgまで増えた体重を、バランスのよい食事とヨガで減らしたというダイエットの極意に迫ります。

<簡単! おすすめダイエットをもっと見る>

ダイエット美容家・ヨガインストラクター
安藤絵里菜さん

極端な食事制限と過度な運動で心身のバランスを崩して激太りを経験したのち、ダイエットアドバイザーの資格を取得。食生活を徹底的に改善して-14kgに成功。 インドネシアで全米ヨガアライアンスの資格を取り、ヨガインストラクターとしても活動中。インスタグラムで痩せるための情報発信をするほか、全国各地のNHK文化センターでダイエット講座やヨガの指導にあたる。

Q.ダイエットを始めた当時のきっかけは?
A.「17歳で芸能界デビューしたのですが、仕事柄ダイエットはつきものでした。周囲からも痩せなさいと言われ続け『痩せないと仕事がもらえない』と認識し、ひたすら体重を落とすことだけを頑張りました。一番太っていた頃の体重は60kg」

Q.成功したダイエットの内容・エピソードは?
A.「糖質制限やカロリー計算、ストイックな食事制限をやめてストレスを手放し、一日三食バランスよく食べて、食生活や生活環境を徹底的に改善。 また、走ったり筋トレしたりなど、ダイエット目的のキツい運動を一切やめて、ヨガやストレッチで引き締めながらゆる痩せ。足りていない栄養を足す足し算、無理なことをやめる引き算方式で今の体型をキープして6年目になりました」

Q.日常で簡単にできるダイエットのアイデアを教えて!
A.「量を減らすのではなく、質を変えてみましょう。 食べてはいけないものなんてありません。食べるものに○×をつけたり、0か100かの極端なダイエットにならないように。外食以外ではなるべく薄味・シンプルな調理法を心がけ、和食を中心にするのがおすすめ。外食では食べたいものは美味しく食べ、メリハリをつけてストレスを溜めないことが大事です。週に1、2回は食べたいものを食べても、日頃のベースが出来ていれば太りませんよ」

※この記事はあくまでも本人の体験談に基づくものであり、効果・効能を示すものではありません。

取材・文/鈴木智美 企画/織田真由(MAQUIA ONLINE)

最終更新:4/4(土) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事