ここから本文です

井上尚弥、米選出の「破壊的なパンチャー10傑」で2位に 1位はKO率93%の王座陥落選手

4/4(土) 19:33配信

THE ANSWER

米専門メディアが選出、井上を評価「最も破壊的なボディーパンチャー」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで予定されていたが、米国を含む世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。そんな中、米メディアでは「最も破壊的なパンチャー10傑」を格付け。日本の誇るモンスターは堂々の2位に選出されている。

【画像】“破壊的な強打”で多くの猛者を倒してきた… 「このアングル斬新だ」と本人驚き! WBSSが公開した井上の“無慈悲写真”の実物

 もはや驚きはないかもしれない。「ランキング ボクシング界で最も破壊的なパンチャー10人」と特集したのは、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」だった。マッチメーカー、プロモーター、トレーナー、元選手が全17階級の現役タイトルマッチ経験者から最強パンチャーを選出する企画。この中でモンスターは絶大な評価を受けた。

 42勝(41KO)1敗1分けで、KO率は驚異の93.2%を誇る前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)が1位に輝いた。2月にプロ初黒星で王座陥落した猛者に続き、2位に「Naoya Inoue」の名前が挙がっている。寸評ではこう評価されている。

「いかなる階級でザ・モンスターが戦ったとしても、彼のパワーはついてくるだろう。イノウエの11月のノニト・ドネア戦で連続KO勝利は8で止まったが、ここまでのキャリアで最も印象的な勝利だったかもしれない。彼は圧倒的にサイズ差のある相手に、ほとんどKO勝ちを収めそうになったのだ」

 昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝では、2階級上のフェザー級からキャリア全勝だったバンタム級に落としたドネアと対戦。井上は体格差の大きいドネアをKO寸前まで追い込み、死闘の末に判定勝ちを収めた。「フィリピンの閃光」と呼ばれたレジェンドに対し、11回の左ボディーでダウンを獲得。同メディアは必殺の一撃に注目し「ボクシング界で最も破壊的なボディーパンチャー」と称賛している。

1/2ページ

最終更新:4/4(土) 21:52
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事