ここから本文です

出演ゲスト500人以上! ラジオ日本『真夜中のハーリー&レイス』10周年記念、清野茂樹アナインタビュー「あのレジェンドを電流爆破に引きずりこむまで辞められない」

4/4(土) 17:00配信

週プレNEWS

新日本プロレスや総合格闘技の実況アナとしてテレビ等でもおなじみ清野茂樹アナウンサーがパーソナリティを務め、2010年から放送されているプロレストークラジオ番組『真夜中のハーリー&レイス』(ラジオ日本、毎週日曜23:00~放送中)が、この4月に開始から10周年を迎える。

【画像】ラジオ日本『真夜中のハーリー&レイス』メインパーソナリティ・清野茂樹氏

これまで"一期一会"をスローガンに掲げ、NWA世界ヘビー級への挑戦者と称した500人以上ものゲストを、ほぼ毎週休みなく迎え続けた清野氏のライフワークともいえる番組だが、プロレスをメインテーマに掲げながらもそのゲスト人選はプロレスラーやその関係者のみならず、諌山創(漫画家)、上坂すみれ(声優)、神田松之丞(講談師/現・六代目神田伯山)など多岐にわたる。

しかしこの番組にはブレーンとなる特別な放送作家がいるわけではない。その番組企画構成からゲストの選定、しかも出演依頼に至るまで、内容に関するほぼ全ては番組パーソナリティである清野氏自身の"DIY"で行なわれているという。

そんな手弁当の活動を10年にわたり毎週続けてきた清野茂樹アナウンサーにこれまでの苦労、成果を振り返っていただきつつ、さらにはラジオというメディアに対して思う意義についてまで、以下、様々な角度からお話を聞いてみた。

***

――放送10周年おめでとうございます。まずは10年やり続ける、という実績を積み上げてこられたことに対して改めて今、どのように感じていらっしゃいますか?

清野 言ってみれば、ひとつ山を登ったようなような達成感はありますね。いつの間にか僕自身もあれから10歳、年を取りましたし。

――しかもこの番組は本当に毎週、一切休みなしですもんね。

清野 もしこれがテレビだったら、年末年始とか、春や秋の改変期には別の特番が入るので、ある程度は必ずまとまった休みも入るんです。でも恐ろしいことにラジオは違う。本当に1年52週だったら、キッチリ52回やりますからね(笑)。

――調べてみたら、本当に大晦日や正月と重なっても休んでないんですよね。10年間のうち放送休止は選挙特番による2回のみ。しかも放送開始の2010年から2017年まではガチで真夜中2時や3時からの生放送でした。

清野 自分で言うのもなんですけど、よくやってましたよ(笑)。

1/8ページ

最終更新:4/15(水) 0:42
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事