ここから本文です

柔道・丸山の父「五輪代表選考は延期でよかった」と語る理由

4/5(日) 7:05配信

NEWS ポストセブン

 東京五輪の1年延期によって、各競技の代表選考が揺れているが、なかでも大きな影響を受けているのが「柔道」だ。4月5日に予定されていた男子66kg級の丸山城志郎(26)と阿部一二三(22)の“最終決戦”も延期が決まった。先行きの見えなくなった代表争い。1992年バルセロナ五輪に出場経験のある丸山の父・顕志氏は延期が決まった今、どんな思いで息子を見つめているのか。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 東京五輪に向けた柔道の代表選手は、4月4日、5日の全日本選抜柔道体重別選手権(福岡国際センター)をもって、男女の全14階級が揃うことになっていた。しかし、猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、福岡で開催される予定だった同大会も延期となってしまった。

 唯一、代表が決まっていなかった男子66kg級が最終選考会となる同大会までもつれたのは、代表を争ってきたふたり――昨年の東京世界選手権王者である丸山城志郎(ミキハウス)と、2017年、2018年の世界王者である阿部一二三(パーク24)の実力が伯仲していたからに他ならない。

 ふたりの世界王者を擁す日本の男子66kg級は、五輪本番で金メダルを獲ることよりも厳しい、層の厚い戦いとなっていた。これほど熾烈な柔道の代表争いというと、2004年アテネ五輪の100kg級を争った井上康生(日本男子監督)と鈴木桂治(同コーチ)以来だろう。

 66kg級が行われる予定だった大会2日目の4月5日を、「運命の日」と位置づけていたのは、丸山の父で、1992年バルセロナ五輪65kg級代表だった顕志氏だ。28年前のこの日、顕志氏は講道館杯で優勝してバルセロナ五輪代表を決め、長男(城志郎の1歳上で、同じ柔道家の剛毅)の誕生日でもあるのだ。

 顕志氏は、自身を「古風な男」と話し、運命や言霊、不思議な縁(えにし)や直感を大事にして生きてきた。

1/3ページ

最終更新:4/6(月) 8:28
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事