ここから本文です

「腸内環境」の改善を助けてくれる食べ物

4/5(日) 21:02配信

ウィメンズヘルス

おなかのハリや便秘に悩まされている人は、もしかすると、消化管の健康が損なわれているのかもしれない。
その原因は食生活だけじゃなく、ライフスタイルにも関係があるんだとか。幸いにも、腸内環境をすばやく改善してくれる食材はたくさんあるそう。

【写真】食物繊維によって悪化することも!? タイプ別の「便秘解消法」

今回は消化を健康に行うためにおすすめの食品5つをイギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。

「私のクリニックを訪れてはおなかのハリを訴える女性の数が、年々増加しています」と話すのは、消化器の健康の専門家であり管理栄養士のキム・ラング。

「原因は食生活だけでなくライフスタイルにもあるとクライアントに伝えると、必ずと言っていいほど驚かれます。忙しいライフスタイルを送ることは、思いのほか腸に悪影響を与えているのです」

例えば、走りながらスナックを食べたり、仕事をしながら昼食をとったり、深夜に食事をするなど。このような行動は全て、消化器に負担をかけている。

「消化は複雑なシステムで機能しているため、全てにおいて”調和”が必要なのです。ストレスによって消化が妨げられると、過敏性腸症候群のような慢性消化器疾患を引き起こす恐れがあります。口に入れるものは、排出するものに大きく影響することを頭に入れておいてください」

ラングがシェアしてくれた、消化器の健康に優秀な5つの食品を見ていこう。

1.オートミール粥

「オーツ麦に含まれる水溶性食物繊維は、腸の健康を増進します。また、ゆるやかに消化されるので、おなかのハリやガスを発生しにくいのも特徴です。”オーバーナイトオーツ”など、生のオーツ麦を食べることで最大の効果が得られます」

2.ザワークラウト

「ザワークラウトは大さじ2杯分で、腸にやさしいプロバイオティクスを十分に補うことができます。市販のザワークラウトを購入するときは、必ず新鮮で冷蔵保存されているものを選びましょう。ザワークラウトは家でも簡単に作ることができます」

3.果物・野菜・全粒穀物

「これらの食材には、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は30gを摂取することが重要ですが、正しい食物繊維を摂らなくてはなりません。水溶性食物繊維は水に溶けて、腸内でジェル状になるため、便秘になるリスクや排便に伴う痛みを減らす働きがあります」

「オーツ麦や、オレンジ、サツマイモ、にんじんのような野菜や果物に多く含まれています」

4. リンゴ酢

「“1日大さじ1杯”は、ただの迷信なんかではありません。リンゴ酢には、酢酸塩や短鎖脂肪酸が含まれています。最新の研究では、腸細胞の健康を維持する効果が証明されています」

5.脂ののった魚

69人の女性を対象に行われた最新の研究によると、過敏性腸症候群を抱える女性の被験者には、腸が健康な被験者に比べて、オメガ3脂肪酸の血中濃度が低いことが分かっている。

「サーモンやサバ、アンチョビなど、脂ののった魚です。妊娠中、もしくは近いうちに妊娠を望んでいる女性は、週に2食分程度に抑えておきましょう」


※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

最終更新:4/6(月) 1:08
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事