ここから本文です

阿部寛主演作はなぜシリーズ化される? 進化する姿を捉えた『下町ロケット』などから探る

4/5(日) 8:03配信

リアルサウンド

 『下町ロケット特別総集編』(TBS系)が4月5日から3週連続2時間スペシャルで放送される。

【写真】阿部寛はじめ安田顕らも出演する『下町ロケット』

 2015年に放送された『下町ロケット』の主人公・佃航平(阿部寛)は、堺雅人、役所広司、大泉洋など名うての俳優陣が名を連ねる池井戸潤原作の同枠のドラマ作品で、半沢直樹に次いで印象的な主人公だ。

 佃航平はロケット開発の元技術者。父親が遺した町工場の佃製作所を立て直し、ロケットを飛ばす夢を実現するためにロケットエンジンに必要なバルブシステムの開発に情熱を燃やす。一人娘との関係に葛藤しながらも、特許侵害訴訟やロケット大手・帝国重工との契約など次々と押し寄せる難題を社員とともに乗り越えていくストーリーが視聴者のハートをつかんだ。

 1964年生まれの阿部寛は日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞するなど、日本を代表する俳優の一人だ。これまでに多数の映画・ドラマで主演を務め、ドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)の自称天才物理学者・上田次郎や映画『テルマエ・ロマエ』で演じた古代ローマの浴場設計技師・ルシウスなど個性的なキャラクターで知られる。

 阿部の出演作はシリーズ化されることが多い。『TRICK』は2000年から15年にわたって続き、この中には劇場版4作品も含まれる。また、初の日曜劇場主演作となった『新参者』(TBS系)は東野圭吾原作の刑事ものだが、連続ドラマ以外にスペシャルドラマ2本と劇場版2作品が公開。最近では『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)が13年ぶりの続編として話題になり、このほど『ドラゴン桜2(仮題)』(TBS系)で2005年以来の再登板が発表されるなど、出演作の相次ぐシリーズ化は阿部の専売特許とも言える。

 なぜ阿部寛は10年以上にわたって複数のシリーズで主演を務めることができるのか? 以前、阿部はインタビューに答えて「1つの役を長くやり続け、しかも、途中何度も違う役を演じて戻ってくると、その時の自分の現状やバロメーターを図れるんです」と語っている(参考:阿部寛が明かす、“加賀恭一郎”の8年間 「『新参者』シリーズは役者としての基盤を支えてくれた」)。意訳すれば、様々な役柄を演じて培った経験をそれぞれのシリーズの続編に注入しているということだろう。一見、同じキャラクターを繰り返しているようだが、日々、ディテールの進化を積み重ねているのだ。

 また、複数のシリーズで主演を張るということは、その都度異なる監督とタッグを組むことを意味する。『新参者』加賀恭一郎シリーズの最新作である映画『祈りの幕が下りる時』の監督は『下町ロケット』の演出を手掛ける福澤克雄だが、阿部は「福澤さん独自の世界観があるだろうなとお任せしたんです」と振り返る。『TRICK』シリーズの堤幸彦や『テルマエ・ロマエ』の武内英樹ら、作家性の強い監督の演出意図を的確に汲み取り、役柄に命を吹き込む俳優としての力量の高さがうかがわれる。

 2018年に続編が制作された『下町ロケット』は、佃製作所というチームのサクセスストーリーでもある。安田顕や立川談春、竹内涼真をはじめ、日曜劇場の常連となる俳優陣が顔をそろえ、佃製作所が苦境を乗り越えて快挙を達成する陰に、阿部演じる佃航平のリーダーシップがあったことは見逃せない。技術にプライドを持つ根っからの職人気質で、熱中すると周りが見えなくなってしまうところはあるが、困難に正面から立ち向かう佃の姿は私たちを鼓舞してくれる。

 たしかな演技力で当たり役を引き寄せ、時代を超えた存在感を放つ阿部寛。『下町ロケット』はたゆまず進化する俳優の姿を捉えたドキュメントでもあるのだ。

石河コウヘイ

最終更新:4/5(日) 8:03
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事