ここから本文です

竹下景子が多忙を極めた『クイズダービー』出演時代、2児の子育てで号泣したこと

4/5(日) 17:00配信

週刊女性PRIME

「紙おむつは初めての経験だったので教えてもらいながらやったんですが、“そういえば、こうやって日に何度も替えていたな”って懐かしくなったり。あと、子ども役の赤ちゃんが4~5か月くらいだったんですが、撮影していくうちに歯が生えたんです! しかも、離乳食を食べるシーンでパクパク食べてくれて“大きくなってるのね”って感動。子育てのいろんな瞬間を思い出しました」

【写真】当時妊娠6か月だった竹下景子('85年)、俳優として活躍する次男・関口アナム

 妻が70歳でまさかの初産! そんな驚きの展開で始まるドラマ『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』で、竹下景子(66)が65歳の年下夫・朝一(小日向文世)との間に子どもを授かった新米ママの夕子役に挑戦。女優人生で初めての役柄に、最初は「びっくりしました」と戸惑いもあったそう。

「70歳で妊娠、出産って話を聞いたこともなかったので、何を手がかりにこの役に入っていけばいいのか試行錯誤しました。でも、それだけにやりがいのある作品だと思ったので、小日向さんとともに、現代を生きるこの65歳と70歳の夫婦の物語をどう着地させるか、すごく気を配りながら演じました」

 劇中では出産シーンも体験。

「帝王切開で生まれるんですが、演技中に小さな赤ちゃんを目の当たりにしたら気持ちが入りすぎて、“あぁ、無事生まれてくれた”って、もう本当に感激しちゃって。さらに主治医を(中村)梅雀さんが演じられているんですが、 “先生、ありがとうございます!”って思わず手を取ってしまいました。梅雀さんは“えっ?”って顔をされていましたが(笑)。あのときの赤ちゃんは、だいぶ大きくなっていると思いますけど、たくさんの感動をもらいましたね」

ぐずった子どもとお手伝いさんが……

 竹下自身も2人の男の子の母として奮闘した思い出が。

「うちは年が2歳半違って男の子なんですが、下の子が生まれて1歳になるまでが、『クイズダービー』などのレギュラー番組もあったりといちばん忙しかったんです。なので、お手伝いさんにお願いして面倒を見てもらっていたので、小さいころは私がというよりも、彼女が育ててくれたようなものなんです」

 そんな日々を送る中、こんな出来事が起こった。

1/2ページ

最終更新:4/5(日) 17:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事