ここから本文です

13歳の少年は隔離され看取られることもなく逝った【新型コロナ「子供は重症化しない」神話の崩壊】

4/5(日) 9:00配信

文春オンライン

 東京では感染の拡大拠点となった夜の街への外出自粛をめぐって紛糾するのをよそに、欧州では新型コロナウイルスにかかった12歳の少女と13歳の少年の死が波紋を広げている。ベルギーと英国発のニュースは一瞬で世界を駆け巡り、都市が封鎖された欧州の「戦争状態」をまさに象徴する事態と受け止められている。それが、明日の日本の姿ではないと、なぜ断言できようか。

【画像】少年が入院していた病院

 ヨーロッパが厳粛な悲しみに包まれた、と表現しても今の状態を鑑みれば決して大げさではないだろう。3月31日、ベルギーの12歳の少女・ラッヘルちゃんが新型コロナウイルスに感染後、死亡したと当局が発表。欧州では最年少の死者だった。そしてその前日には英国で13歳の少年が命を落としていたことがわかった。

感染確認からたった3日で死亡

「極めて稀で、我々を打ちのめす出来事だ」

 ベルギー政府の会見で報道担当を務める感染症学者は言葉を絞り出した。少女は発熱してわずか3日後に息を引き取った。

 イギリスの少年は誰に看取られることもなくこの世を去った。隔離中だったからだ。少年は呼吸困難となって入院し、3月27日に感染が確認された。人工呼吸器を装着したが、意識不明の状態となり30日に亡くなった。

 亡くなったのは、ロンドン南部ブリクストンに暮らしていたイスマイルさん。ロンドンのキングス・コレッジ病院が死亡を発表した。遺族は彼の死に先立ち、父親をがんで失っていた。少年に持病はなかったという。

英「3人以上の集まり禁止」、仏「私的外出は1日1時間」

 このウイルスに対しては、高齢者よりも相当リスクが低いとされる若年者だが、それはあくまで確率論。イギリスを含む欧州全土での死者数は3万人を超えた。感染者数が増えるほど、低い確率のなかでも子供の死は起こりうる。それは自分の子供かもしれない。しかも、確率が比較的低い子供でも亡くなるということは、高齢者でなくとも大人が現世とお別れする可能性も十分あるということでもある。

 それが欧州の大人達が味わった恐怖の実感だろう。

 いま、欧州とアメリカは、ウイルスとの戦争状態にあるといっても過言ではない。中国にも引けを取らない強硬な封鎖措置が取られている。

 パブは閉じた。レストランも閉まっている。数少なく残ったスーパーも、買い物に訪れるのは必要最低限に限られる。町中から人の姿が激減して久しい。電車などの交通機関の制限も始まっている。花の都パリのシャンゼリゼ通りも例外ではない。欧州は、黙示録が現出したようなゴーストタウンの集合体に過ぎなくなった。

 イギリスでは屋内でも家族以外の3人以上の集まりは禁止され、フランスでは私的な外出は1日1時間に限定された。取材のために日々外を回る記者ですら、電話にしがみついて自宅で取材・編集作業にこもる。封鎖の掟を破れば、多額の罰金と禁固刑が待っている。

1/3ページ

最終更新:4/7(火) 20:24
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事