ここから本文です

世界のトッププレイヤー能力値ランキング16位~20位。ネイマールとポグバがなぜこの順位に?(19/20シーズン確定版)

4/6(月) 7:11配信

フットボールチャンネル

 リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

【写真】19/20能力値ランキング開幕版の1位~100位はこちら!

20位:フランスの大型MF

MF:ポール・ポグバ(フランス代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1993年3月15日(27歳)
市場価格:1億ユーロ(約120億円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/0得点2アシスト ※4月6日時点

 ユベントスで頭角を現し、瞬く間に世界的選手へと成長を果たしたフランス代表MF。身長は191cmと大柄だが、足元の技術にも非常に定評のある選手であり、攻撃面で抜群の違いを生み出すことを可能としている。2018年に行われたロシアワールドカップではフランス代表の優勝に貢献するなど、大舞台での存在感もピカイチ。また、非常に明るい性格の持ち主であることでも知られており、奇抜な髪形やファッションなどでサポーターの話題をさらうこともある。

 攻撃面の能力値は申し分ないと言えるだろう。「攻撃力」、「パス」、「ドリブル」、「テクニック」などは他の選手と比べても非常に高い数値が出ており、ここは大きなストロングポイントとなっている。ただ、ここ最近は負傷離脱を繰り返すことが多く、好不調の波も激しいことから「メンタル」は低め。守備も下手ではないが稀にプレスバックを怠ることもありこちらも低評価。前回はトップ5入りを果たしたが、今回はまさかの20位と低迷した。

19位:ブラジルの至宝

FW:ネイマール(ブラジル代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1992年2月5日(28歳)
市場価格:1億6000万ユーロ(約192億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/13得点6アシスト ※4月6日時点

 王国・ブラジルの「至宝」と称されるサッカー界屈指のスター。セレソン、そして所属するパリ・サンジェルマンでも不動のエースとして活躍しており、これまでにも幾度となくサポーターを賑わせてきた存在だ。メディア、そしてサポーターなどから批判の的にされることも多いのは事実だが、それは注目度の高さゆえ。ピッチ内で示す存在感とパフォーマンスはやはり世界トップクラスのものがあると言えるだろう。

「攻撃力」、「テクニック」、「ドリブル」、「スピード」などはもはや言うことなし。ほぼ最高点に近い数値を叩き出しているなど、攻撃面でのセンスの高さが伺える。ただ、ここ最近は奮闘しているものの「守備力」、すぐにピッチに倒れ込んでしまうなど「フィジカル」などで大きく数値を落としてしまっているのも事実。トップ10入りを果たすにはこのあたりの数値を少しでも上げることが必要になってくるだろう。

1/3ページ

最終更新:4/6(月) 10:25
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事