ここから本文です

「Zoom」のヴィデオ会議は、結局どこまで“安全”と言えるのか? 専門家たちの見解

4/6(月) 8:12配信

WIRED.jp

新型コロナウイルのパンデミック(世界的大流行)によって、通信のライフラインとして公私ともにヴィデオ会議サーヴィスを活用する人が増えている。こうしたなか注目されているサーヴィスが、ヴィデオ会議アプリの「Zoom」である。

「Zoom」でヴィデオ会議を開く際に、まずユーザーが考えるべきこと

サーヴィスの注目度が高まる一方で、運営元であるZoom Video Communicationsのセキュリティとプライヴァシーの取り組みに対する監視の目も厳しさを増している。大半の人にとって、Zoomは安全だろう。しかし、米国政府やその他の機密に関わる組織がZoomのサーヴィスを使用する頻度が急増しているいま、Zoomが言うところの「暗号化」について明確な説明が求められている。

暗号化は「エンドツーエンド」ではなかった

ところが、この「暗号化」についての明確な説明が、Zoomにとっては難しい。というのも、同社はZoomで採用している暗号化の手法について、矛盾した情報を示しているからだ。

『The Intercept』に3月31日に掲載された記事によると、Zoomは自社のヴィデオ会議サーヴィスが「エンドツーエンドで暗号化されている」ことを特徴のひとつであると偽って訴求していたという。「エンドツーエンドの暗号化」とは、ヴィデオ通話のデータが転送中に常に暗号化され、たとえZoomであってもデータにアクセスできないことを意味する。

のちにZoomは、エンドツーエンド暗号化が事実とは異なることを認めた。代わりに現在は、ヴィデオ会議の設定が有効になったときに表示される用語として単に「暗号化」を用いている。それでもウェブサイトやマーケティング資料には、いまだに「エンドツーエンドの暗号化」という謳い文句が残っている。

こうしたなかZoomは4月1日(米国時間)の夜になって、自社のブログを更新。投稿で「暗号化」について説明することで、この混乱した状況を解消しようと試みた。

「当社の暗号化の取り組みへの関心の高まりを踏まえ、『Zoom』による会議がエンドツーエンドで暗号化されていることを示唆した不正確な表現によって混乱を生じさせたことを、まずはお詫び申し上げます」と、Zoomの最高製品責任者であるオデッド・ガルは投稿している。

「Zoomはデータを暗号化することで、できるだけ多くの状況でコンテンツを保護しようと常に努めてきました。その意味で『エンドツーエンドの暗号化』という言葉を使いました。お客さまをだます意図は決してありませんでしたが、一般に受け入れられている『エンドツーエンドの暗号化』の定義と、わたしたちの認識が食い違っていることは理解しています」

1/5ページ

最終更新:4/6(月) 8:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事