ここから本文です

’20ホンダCBR1000RR-R国内フルテスト【0-1000m加速/最高速編】

4/6(月) 11:30配信

WEBヤングマシン

本気本田、襲来

待ちわびた”ガチなホンダ”が、「CBR1000RR-R」という最高のカタチで戻ってきた。その本気度を測るべく、ヤングマシン編集部では国内最速のフルテストを敢行した。まず最初のテスト項目は、高速周回路を使ったストレート区間での0-1000m加速/最高速勝負。自主規制の最高速299km/hに到達するまでの時間は、驚異的な短さだった。

【TESTER:丸山 浩】「めちゃめちゃ割り切ってる。ホンダらしい乗りやすさは捨ててるね」 その潔さに思わず感嘆の本誌メインテスター。国内最速フルテストでRR-Rの素性を暴く!

【テストの舞台は日本自動車研究所(JARI)高速周回路】自動車やモビリティに関する技術の試験や評価ができる、総合的な研究機関として運営されているJARI。茨城県の城里テストセンターには1周5.5kmの高速周回路があり、そこが今回の舞台。

〈日本自動車研究所(JARI) 高速周回路〉

4速・299km/hの衝撃!

想定よりも早く、日本でCBR1000RR-Rのフルテストを敢行できることになった。渾身の完全刷新により’20年型で新規導入されるRR-Rの一般販売に先立ち、春からのレースシーズンに対応するため、2月中旬にCBR1000RR-RファイアーブレードSPのレースベース車(欧州仕様)が発売された。今回のテスト車両は、まさにそれだ。

〈【’20 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP(レースベース車)】■最高出力217.6ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm 車重201kg ●価格:254万6500円(※公道走行不可)〉

ナンバーを取得して公道走行することができないレースベース車とはいえ、灯火類などすべての保安部品は市販版と同じ状態。レースベース車には専用のECUとハーネス類も付属するが、これは別送扱いで、今回のテスト車両は電気系もすべて欧州公道仕様と同じ状態となっている。現在、二輪車に関する環境規制は欧州と日本でほぼ共通化されており、国内仕様は欧州仕様と同じスペックで発売されることがほとんど。つまり今回テストしたRR-Rと同じポテンシャルを、一般ユーザーも日本で味わえるのだ。 

となれば必然的に、テストにもかなりの気合いが入る。「どれくらい速いのよ?」と、うずうずしながらまずは持ち込んだ高速周回路。自主規制が設定されている最高速にはさほど興味はなかったのだが、RR-Rは区間加速のテスト中に、意図せず度肝を抜くような記録をマークした。 

たしかにファイナルのギヤ比はロング気味だが、とはいえ4速でメーター読み299km/hに到達するって、いくらなんでも速すぎだろ……。ギヤが2段も余ってしまうではないか!

1/2ページ

最終更新:4/6(月) 11:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事