ここから本文です

「何もないということ…」ベイルの現状はジダンの“期待通り”!? マドリー贔屓紙が皮肉特集を掲載

4/6(月) 16:27配信

SOCCER DIGEST Web

「恥ずかしげもなく不快な言葉を口にし…」

 ガレス・ベイルは、今夏の移籍市場でマドリードを離れることが濃厚とされている。

 2013年の夏にトッテナム・ホットスパーから移籍金9100万ユーロ(109億円)でレアル・マドリーに電撃加入を果たしたベイルだが、チーム内におけるプレゼンスは確実に低下しており、もはや戦力とは言えない状況にある。

【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!

 現行の契約は2022年6月までとなっているものの、来シーズンはジネディーヌ・ジダン監督のチーム構想から完全に外れるだろうとも言われている。

 しかし、手取り年俸1億4500万ユーロ(約181億2500万円)を受け取っているベイル本人に退団の意思はないとされており、今夏の売却に難航する兆しさえある。

 そんなウェールズ代表FWの現況について、マドリーの贔屓紙である『Marca』が特集を組んだ。「ベイルはジダンの期待通りの貢献をした。それは何もないということだ」と皮肉を込めた見出しが付けられた記事は、冒頭から辛辣だ。

「ジダンはマドリーの新プロジェクトにベイルを望んでいなかったが、江蘇蘇寧との交渉が破談し、選択肢を失った。7月には構想外としていたが、まだクラブにいたころは救いの手を差し伸べ、開幕戦でも彼を起用した。

 だが、第3節でゴールを挙げて以降、ベイルは得点での貢献をやめてしまった。マドリーで最高給取りとなっている彼は、9月1日以来リーガでゴールを決めていない。2シーズン連続で期待外れに終わったと言わざるを得ない」

 さらに記事はベイルの態度にも言及している。昨夏にプレシーズンマッチのメンバーから漏れた際、チームの試合中に趣味のゴルフに興じていたことをすっぱ抜かれて、大バッシングを浴びていたウェールズ代表FWを同紙は「ある意味で彼は期待に応えてくれている」と皮肉った。

「今シーズンも、もはや誰にも分らないケガや『ウェールズ、ゴルフ、マドリー』のフラッグ問題、スーペル・コパの欠場まで、数々のドラマがあった。

 そしてベイルは、時折、恥ずかしげもなく不快な言葉を口にし、チームメイトとの連帯感も見られない。メンバー外の時には、定期的に試合終了前にスタンドから去っている。ある種、ベイルはジダンが期待していたものを正確に届けている。それは何もないということだ」

 ほぼ戦力にならず、高給をもらうベイルのマドリーにおける序列は地に墜ちたと言っても過言ではない。だが、彼はそれでもクラブに留まり続けるのか。今夏の動静が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/6(月) 16:27
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事