ここから本文です

なにわ男子・長尾&大橋、罰ゲームロケを実施するも「次も赤点でもいいかな(笑)」

4/6(月) 17:00配信

ザテレビジョン

4月6日(月)の「なにわからAぇ! 風吹かせます! なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾」(毎週月曜夜0:55-1:25、カンテレ)は、なにわ男子担当の「なにわイケメン学園」が放送される。番組開始からおよそ半年、ロケでの“赤点”をもっとも多く獲得してしまった長尾謙杜と、不運にも長尾の指名によって相方に選ばれた大橋和也が、罰ゲームロケへ向かう。

【写真を見る】スゴ技習得のロケで現場大混乱の事件を起こした長尾謙杜

体を震わせるほど、強風が吹く“罰ゲーム日和”の中、オープニングを撮影。「今日は楽しみたいと思います!」(長尾)「よいしょー!」(大橋)と、全く反省の色が見えないハイテンションな2人だが、最後まで、このテンションを保つことはできるのか。

■ 大橋和也が大絶叫

まず、2人が連れてこられたのは、ラーメン店。1つ目の罰ゲームは“激辛ラーメン”を完食すること。罰ゲームが激辛ラーメン“だけ”と思いこんでいる2人はニヤニヤするが…。目の前に運ばれてきたのは、大量の激辛トウガラシでスープが真っ赤に染まった、その名も「大噴火麺」。さらに、そこへ超激辛トッピング“マグマ”を投入。2人は弱音を連発しながら死闘を繰り広げる。

続いての罰ゲームは、超危険な護身術“クラヴマガ”の習得。クラヴマガとは、いつ、どの角度から攻撃されても対応できるというイスラエル生まれの格闘術で、CIAやFBIなどで導入されている。先生から「胸ぐらをつかんでください」と言われ、つかんだ直後、「痛い!痛い!痛い!」と大絶叫の大橋。何が起こったかわからないまま床に崩れ落ちる。その後も様々な護身術を教わり、そろそろ罰ゲームロケが終わると思い込んだ2人は、「セカンドシーズンも、もっともっと燃えていけたらなと思いますね!」(長尾)「頑張ります!」(大橋)と、カメラに向かって締めのコメント。しかし、実はここからが罰ゲームロケの本番。スタッフから目隠しを渡され、次なる罰ゲームが待つ地へ連行される。

■ 車に揺られ山奥へ…

車に揺られることおよそ1時間。山奥で降ろされた2人は、目的地まで目隠しのまま歩くことに。目隠しを外してぼうぜんとする2人の「これどこ?」という声が大自然にこだまする。

スタッフから告げられた最後の罰ゲームは、滝行。気温6度の極寒で行う滝行に長尾は「時期間違えてるやん!」「ホンマの罰ゲームロケやん!」と叫ぶ。これまでの半年間を思い返し、長尾は「今までいろいろとやらかしてきたので、ここで清めてセカンドシーズンを迎えられたらなと思います。生まれ変わりたいと思います」と語り、大橋も「全部忘れて、セカンドシーズンに向かいたいなと思います」と、いつになく真面目なコメントで気合を入れる。果たして、無事に滝行を終え、脱・赤点生徒へ生まれ変わることはできるのか。

■ ロケ後コメント

――罰ゲームロケに選ばれてしまいましたが、いかがですか?

長尾:正直言って、次も赤点でもいいかなって思っています(笑)。いっぱい赤点に選ばれてオイシイし、貴重な体験もできて、最高です。“無計画なボケ”と言われることもありますけど、僕は僕なんで(笑)。次は、丈くん(藤原丈一郎)を罰ゲームロケに連れて行けるように頑張ります。しっかり者の丈くんの苦しんでる表情が見たい(笑)。

大橋:この半年は、空回りして失敗したり、変なところでボケてしまったり、ロケに行っていないのにスタジオで赤点もらったり、見せ場をつくろうとするあまり、赤点になってしまうことが多かったと思うんですが、今回、いろいろな経験ができたので、次も罰ゲームロケ行きたいなって思いました(笑)。赤点はダメなことなんで、取りにいくわけではないです!こんなに素晴らしい経験ができるロケに、いずれは全員で行きたいですね(笑)。

――罰ゲームロケのメインが滝行と知ったときの感想は?

大橋:いろいろと予想はしていたんですけど、実際に滝を見て、「あっ、なるほど!」って思いました。バラエティーって感じですよね(笑)。

長尾:車降りた瞬間に水の音がして、「変なところに来た!」って感じで(笑)。「Aぇ! groupっぽいロケやな」って思いました(笑)。

大橋:今回は、普段のAぇ! groupのロケよりキツかったと思います!なにわ男子のロケが優しい分、返された感じでした。

長尾:Aぇ! groupって過酷やなって改めて思いました(笑)。

同番組は、放送終了後より、無料動画配信サービスGYAO!にて全国独占配信。また、番組連動のオリジナル動画「なにわコスプレ名言学園」も同じくGYAO!で無料配信。今回は、なにわ男子が格闘家のコスプレに挑戦する。(ザテレビジョン)

最終更新:4/6(月) 17:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事