ここから本文です

春ドラマ第1話を振り返り!(1) 3/30週スタートドラマ「エール」「ギルティ―」ほか

4/6(月) 17:00配信

ザテレビジョン

春の新ドラマが続々とスタート。見逃してしまったという方のために、第1話の振り返り&第2話の内容をまとめました! 今回は3/30週スタートドラマが対象。(※一部ネタバレを含む場合がありますのでご注意ください)

【写真を見る】新川優愛主演の「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(日本テレビ系)

■ 窪田正孝主演の朝ドラは1964年の東京五輪直前からスタート!

■連続テレビ小説「エール」(3月30日スタート 毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)

<どんなドラマ?>窪田正孝主演。数々の名曲を生み出した、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。

<第1週のおさらい>時は昭和。東京オリンピック開会式の楽曲を担当する古山裕一(窪田正孝)は、曲のイメージが浮かばず悩んでいた。しかし、妻・音(二階堂ふみ)の歌声にヒントを得て、裕一は曲を書き上げる。そして開会式当日、あらためて責任の重大さを感じ、自分の曲を受け入れてもらえるか不安がる裕一は、音に励まされる。

さかのぼって大正時代。福島の老舗呉服店「喜多一」の長男・裕一(石田星空)は、不器用で内気な性格から周囲に取りえのない子だと思われていた。程なく、父の三郎(唐沢寿明)が買ってきた蓄音機から流れる音楽に心を奪われた裕一は、音楽に興味を抱くように。そんな中、同級生からいじめられている裕一を心配した担任教師の藤堂(森山直太朗)は、裕一に作曲を勧め、裕一は秘めた才能を発揮する。

<第2週のあらすじ>大正12(1923)年。後に裕一の運命の人となる音(清水香帆)は、まだ11歳。愛知・豊橋で三姉妹の次女としてすくすくと自由に育っていた。小学校の最高学年になった音は、恒例の学芸会で「竹取物語」をクラスで上演することになり、主役のかぐや姫を演じたいと願う。そんな中、琴を演奏するため、安隆と教会に向かった音は、オペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)と出会う。

■ “全員裏切り者”のドロキュンドラマ

■「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(4月2日スタート 毎週木曜夜11:59-0:54 日本テレビ系)

<どんなドラマ?>丘上あいのコミック「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を新川優愛主演でドラマ化。自分を裏切っていた夫への“愛情”と初恋の人との“恋”のはざまで揺れ動く女性が主人公。

<第1話のおさらい>爽(新川優愛)は誰もがうらやむ完璧な夫・一真(小池徹平)と幸せに暮らしているが、一真が子供を欲しがらないことに不満を抱いていた。ある日、爽は高校時代の恋人・秋山(町田啓太)と再会。懐かしい思い出がよみがえるが、秋山も別の女性と結婚していた。

一方社内では、爽の同期・優希(大西礼芳)と局長の不倫が何者かによって暴露される。前日に不倫の事実を知っていた爽は、犯人と疑われ優希に責められてしまう。落ち込む爽を一真は優しく励ますが、一真にもまた秘密があった。

<第2話の内容>爽は秋山に誘われ、彼のレストランに行く。秋山と昔話で盛り上がるが、秋山の妻・美和子(徳永えり)が現れて気分が沈む。その夜、爽は自分のバッグにGPSが仕込まれていたことに気付く。爽は、一真が自分の浮気を隠すため、爽の居場所を知ろうとしたのではと疑う。

■ 自宅でうたた寝していたら目の前に平安貴族が!?

■「いいね!光源氏くん」(4月4日スタート 毎週土曜夜11:30-0:00 NHK総合)

<どんなドラマ?>同名コミックをドラマ化。現代に現れた平安貴族・光源氏(千葉雄大)と、そんな光源氏を“ヒモ”同然のように家に住まわせるOL・沙織(伊藤沙莉)らの姿を描く。

<第1話のおさらい>藤原沙織(伊藤沙莉)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るためバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれをくぐって昔の衣装をまとった男(千葉雄大)が現れる。

不審者だと思った沙織は警察にも来てもらうが、尋問中、男がイケメンで平安時代の扮装(ふんそう)をしていることから、ふと“光源氏”を思い出し、その名前を口にする。男の知り合いということにされてしまった沙織だが、光源氏に「ここにおいてほしい」と懇願され、奇妙な同居生活を始める。

<第2話の内容>沙織が会社に行ってる間に妹の詩織(入山杏奈)が家にやって来て光源氏と遭遇する。光は驚くが、彼女が沙織の妹だと分かると、詩織に誘われるまま一緒に街に出かける。

■ “四月一日さん家”に新たな一員が…

■「四月一日さん家と」(4月5日スタート 毎週日曜夜1:35-2:05 テレビ東京ほか)

<どんなドラマ?>バーチャルYouTuberによるシチュエーションコメディーの第2期。ときのそら、猿楽町双葉、響木アオが東京下町の一軒家に住む四月一日三姉妹を演じる。

<第1話のおさらい>一花(ときのそら)、二葉(猿楽町双葉)、三樹(響木アオ)の四月一日三姉妹は、母親が幼少期に他界し、父親も一昨年亡くなっている。二葉が結婚し家を出て二人暮らしになった四月一日家に、とある理由で謎の女子高生・生子(物述有栖)が訪ねてくる。一方、住まいを移した二葉はカラオケバー「まさこ」でアルバイトを始めるが、そこに集まる個性な面々と四月一日家のドタバタに巻き込まれていく…。

<第2話の内容>一花は、「生子ちゃんには今日からここに一緒に住んでもらうことになりました」と宣言するが、妹たちは困惑する。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/6(月) 17:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事