ここから本文です

本気でデジタルやるなら今しかない

4/6(月) 8:30配信 有料

WWD JAPAN.com

ショーをライブ配信した「ハイク」の公式サイトより

 3月に開催予定だった「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」の中止が3月2日にほぼ一斉に通達され、複数のブランドはデジタルを使った発表方法に切り替えた。演出やスタッフはほぼそのままで無観客ショーを行ったり、バイヤーやエンドユーザーに分かりやすく服を紹介するためにルック撮影の体数を増やしたりするなど、手法や目的はさまざま。ほとんどのブランドが展示会期間に合わせて「RFWT」が開催されるはずだった3月16~21日の週にこれらを行っており、撮影から映像編集、写真のレタッチを実質2週間弱という短い期間で準備せざるを得なかった。しかし彼らが開拓した新たな道すじがきっかけとなり、これまではランウエイショーかビジュアル撮影かがほとんどだったコレクションの発表方法に、今後は動画などのデジタルでの表現が加わるのは確実だろう。6月の海外メンズ・コレクションもミラノは延期、パリは中止が決定しており、その先のスケジュールさえ不透明な今、デジタル化へのシフトが他業種に比べて出遅れていたファッション業界にとって、いよいよ本腰を入れないと生き残れない局面を迎えている。これはブランドだけではなく、小売やメディアにとっても同じだ。とはいえ、東京デザイナーが挑んだデジタルの施策の取材を通じ、2次元の世界でプロのバイヤーや一般の消費者の心を動かすには試行錯誤がまだまだ必要だと感じた。(この記事はWWDジャパン2020年4月6日号からの抜粋です) 本文:2,290文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:5/15(金) 16:37
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る