ここから本文です

キャッチャーとの駆け引きの楽しみ方【立浪和義の超野球論】

4/7(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

インコースの意識

現役時代の古田捕手。変幻自在のリードでバッターを苦しめた

 今回はキャッチャーの話を書いてみたいと思います。

 バッターはもちろん、ピッチャーと向き合い、対決するわけですが、後ろにいるキャッチャーとの駆け引きもあります。

 今とは違い、私の現役時代は各球団のキャッチャーが固定され、1年間、同じ捕手が多かったのでなおさらでした。

 特に横浜時代の谷繁元信選手、ヤクルトの古田敦也選手(現役時代の話なので「選手」と書かせていただきます)とは5年、10年と長く戦いが続きましたが、ずいぶんと嫌な攻めもされつつ、振り返ってみれば、駆け引きを楽しむことができたなと思います。

 私はリードというのは正解、不正解はないと思います。

 谷繁選手は外角球をうまく使い、一見、オーソドックスに見えるのですが、時々、思い切ってインコースを使ってきたり、意表を突く大胆さがありました。古田選手は・・・ 本文:1,255文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/7(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る