ここから本文です

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥るブライダル業界と、決断を迫られる新郎新婦たち

4/7(火) 8:14配信

WIRED.jp

ジョージ・ウェスコットは、5月9日に結婚式を挙げる予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって普通の生活がストップしてしまったいま、式を取りやめるだけでなく、多額の借金を抱える公算が大きくなってきた。

あなたが何歳であろうと感染する。そして「大切な人を死なせる」危険性がある

「保険では補償してもらえないし、キャンセルしたら2万ポンド(約270万円)くらい“捨てる”ことになりそうです。ものすごくダメージを受けています」と、ウェスコットは言う。ブライダル保険を契約した会社は、代金の補償は特定の条件下に限られるとしている。すなわち、式場で集団感染が発生した場合(シーズンオフのいま会場は使われていない)と、新郎新婦いずれかの直近の家族が感染した場合だ。どちらも該当しない。

ウェスコットと婚約者をはじめ、この春に英国で挙式を予定していた数千組以上のカップルが、いま苦渋の決断を迫られている。予定どおり式を挙げて、高齢の親族や家族、友人を新型コロナウイルスに感染する危険に晒すのか。ともに計画を進めてきた業者を説得し、延期するのか。あるいはすべて中止して、使うことのなかったサーヴィスや関連商品の代金として数千ポンドを負担する覚悟を決めるのか──。

パンデミックによる中止は補償されるのか?

ブライダル情報サイト「Bridebook」のまとめによると、英国の結婚式の平均費用(2018年)は各種関連業者のコスト増を受け、12パーセント増の3万ポンド(約400万円)を超えている。一方、ブライダル保険に加入したカップルは3割に届かず、入っていても感染症のパンデミック(世界的大流行)が起きた場合の扱いを定めているケースは多くない。

婚約者が妊娠中で糖尿病を患っているというウィルも、不安を抱いているひとりだ。結婚式をキャンセルした場合に損失分を保険でカヴァーできるのか、大きな懸念があるという。

「会場側は何が何でもやる方向でいます。リスクを気にする様子もなく、とにかく金が入ればいいのでしょうね。だから先方からキャンセルにもしないし、日程変更も保証できないと言われています」と、ウィルはこぼす。自分からキャンセルすれば、4万ポンド(約534万円)が消える。

保険会社のジョン・ルイスと結んだブライダル保険の契約書をつぶさに調べると、予定している会場が「感染症や伝染病の集団感染を理由に挙式不可能になった場合」は返金するという条項があった。だが同じページに、保険金の請求が「直接的または間接的に政府が命じる規則や法により生じた場合、およびより明確に保険の対象とされる金銭的損失に係る場合」は保険でカヴァーされないと記されていた。

「知りたいのは、政府が出している方針によって、自分のケースの規定がどの程度無効になるかです。現時点では勧告であって法ではないわけですが、誰もわたしの式を中止しろとは言っていません。明らかにこのまま進めるべきではないなか、自分はどうすべきなのでしょう」とウィルは胸の内を明かす[編註:元記事公開後の3月23日、英国では結婚式を含む集まりの中止を求める発表があった]。

「人生には結婚式のほかにも大事なことがあります。とはいえ、つい最近まではそうは思っていませんでした。現時点でいちばんの懸念は婚約者の安全を守ることです。政府の勧告では大丈夫であると安心できないのです」

1/4ページ

最終更新:4/7(火) 8:14
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事