ここから本文です

屋外デジタル広告事業がUberの苦境を救う? 新たな収益源の皮算用

4/7(火) 18:12配信

WIRED.jp

クルマの上に置いたスクリーンに表示する屋外デジタル広告の事業を、Uberが2020年4月から始める。収益源に悩む同社にとっても、副収入を得る手段が増えるドライヴァーにとってもいい収益源になる一方で、これまで同様のデジタル広告を展開してきた先駆者たちと同じ問題に直面する可能性もある。

「スパイ広告」「注意力を削ぐ」との意見も

Uberにとって、これまではネットワークの構築がすべてだった。この10年、ドライヴァー、乗客、飲食店、自転車、キックスクーター、そして(現在開発中の)空飛ぶタクシーにいたるまで、同社はひたすらネットワークを張り巡らせることに注力してきたと言っていいだろう。

そのUberが、少し方向性の違うデジタルネットワークの構築に進出する。同社は2020年4月、ジョージア州アトランタを皮切りに「ノイズに煩わされずターゲットに届き、街角でエンゲージメントを獲得する、場所に縛られない新しい広告ネットワーク」を立ち上げることを発表した。つまり、クルマの屋根にデジタルスクリーンを設置し、道行く人に向けて広告を流すのだ。

ドライヴァーの副収入に

「Uber OOH」と銘打ったこの事業で、Uberはスタートアップ数社が開拓した屋外デジタル広告市場に参入することになる(OOHは「out-of-home」の略だ。ビルボードを始めとする屋外広告全般を指す)。

ライドシェア用の屋根上広告の分野では、すでにFireflyが市場をリードしている。同社はシカゴ、ダラス、ロサンジェルス、マイアミ、ニューヨークの各都市で、すでに数千台の車両にデジタルスクリーンを設置している。

ライドシェア大手のLyftも、近くこの分野に参入するだろう。ニュースサイト「Axios」によると、Lyftは20年2月に車上広告用スクリーンを手がけるフィラデルフィアのスタートアップ、Halo Carsを買収したという。

Uberの新規広告事業は、4月にアトランタ、ダラス、フェニックスの3都市でスタートする。まずはクルマ1,000台の屋根にスクリーンを導入する予定で、ドライヴァーには約120cmのスクリーンの設置費用として300ドル(約32,000円)が支給される。

当面は、週20時間以上走行したドライヴァーに週100ドルが支払われる仕組みだが、ゆくゆくは1時間単位で報酬を支払うシステムへ移行すると「Adweek」は報じている。週40時間以上の走行に月300ドルを出しているFireflyと比べると、少しいい条件だ。

Uberはアドテク企業のAdomniと手を組み、場所と時間に応じて広告枠を売る。なお、Haloの技術をどのように活用するかLyftに対し尋ねたところ、詳細は明かせないとの回答があった。

1/3ページ

最終更新:4/7(火) 18:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事