ここから本文です

一緒に乗り越えられる!訪日外国人から寄せられた日本へのメッセージ

4/7(火) 17:32配信

@DIME

新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の感染拡大が世界規模で進み、とうとう、東京オリンピック・パラリンピックも来年に延期となった。

そんな状況の中、宿泊施設と空港間の手荷物当日配送サービスを展開する株式会社Airporterでは独自の調査を実施。同社サービス利用者(訪日経験者)を対象に、COVID-19が回答者の旅程にいかに影響を与えるか、その実態が明らかになったので、紹介していきたい。

なお、調査結果は全体で140ページにわたるが、本稿ではCOVID-19と回答者の旅程の関係についての回答結果のみを抜粋していく。











COVID-19以降の旅行者の変化 
■買い物目的の訪日外国人籍の変化
買い物を目的にする中国人の割合が減少しているようだ。一方で台湾の買い物意欲は70%、香港は81%と高い購買意欲を維持している。



■キャンセル・延期した旅行の旅費の使い道(国・地域別)
中国は延期した旅行代金を貯蓄に回す割合が一番多く、香港台湾は次の日本旅行での消費意欲が一番高い。香港、台湾出身者がより次回訪日へのモチベーションが高いことがわかる。



■年代と旅程の関係
一般的には、高齢の方ほど致死率が高いと言われている中で、旅行を延期やキャンセルしているのは、20,30代が相対的に高い。
若年層ほど、SNSを活用しているために、COVID-19に対する危機感が高くなっている可能性がある。



■食事目的の訪日
中国の食事目的観光が50%であるのに対して、台湾は78%、香港は88%と突出して高い数字になっている。顕著だったのはインドネシアで、93%あった。



■文化的施設が目的の訪日
台湾のみ、唯一文化的観光施設への観光意欲が50%を超えていた。



■テーマパークが目的の訪日
テーマパークへの観光意欲は中国が低く、15%となっている。(台湾47%、香港42%)



■訪日外国人から日本へのメッセージ
最後に、今回アンケートと合わせて、世界各国のAirporterユーザーから、日本へのメッセージが寄せられたので、一部ここで紹介していきたい。

(インドネシア40代男性)
We can do this together. Lets support each other. We need to support and help each other - and put aside politics, differences - we must unite for humanity. Lets share love and good news! We can do this.
訳:私たちならこの困難を一緒に乗り越えることができます。お互いに助け合いましょう。文化や政治の違いを乗り越え、同じ人間として団結するのです。悪いニュースだけではなく、いいニュースを、そして愛を分け合いましょう。

(台湾 30代女性)
日本加油,期待再去日本的那一天早日到來
訳:日本頑張って。もう一度日本に行く日が早く来るのを楽しみにしています。

(香港 30代男性)
※表示非対応文字のため原文割愛

訳:みんな一緒に頑張ろう、パンデミックが終わってからまた一緒に大声で笑おう!

(中国 30代男性)
※表示非対応文字のため原文割愛

訳:頑張ってください、みんなが頑張っています。パンデミックが終わるのを静かに待って、私達はきっとまた日本に来ます!

(スペイン 30代男性)
From our Lockdown situation in Spain, across the ocean, we send you all our energy and support. We are looking forward to travel to Japan again, you have a wonderful country and you made us feel like at home.
Thanks for your efforts. Thanks Japan for your support, you are an example for us. We will cross the oceans again, we will share our cultures again soon! Thank you.
訳:ロックダウンされたスペインから海を越えて、今私たちが持てるだけのエネルギーとサポートを送ります。私たちを温かくもてなしてくれる素晴らしい国、日本をまた訪れることを楽しみにしています。日本人の努力とサポートに感謝しています。あなた方は私たちにとって一つの目標でもあるのです。いつかまた海を越え、互いの文化を交流できる日がすぐ来ることを願っています。ありがとう。

【調査概要】
実施責任者:株式会社Airporter
調査目的:COVID-19がインバウンド客に与える影響や実態の調査
調査対象:Airporterの過去の利用者
調査実施日:2020年3月23日-2020年3月29日
調査方法:Webアンケート調査(チャット形式)

【記述統計】
有効回答数:204
回答者の属性
性別:男性 41.2%(84) / 女性 58.8%(120)
年代:10代 1.5%(3)/ 20代 20.6%(42)/ 30代 46.1%(94)/ 40代 26.5%(54)
50代 4.4%(9)/ 60代 0.5%(1)/ 70代以上 0.5%(1)
出身地:中国 21.6%(44)/ 香港 20.6%(42)/ 台湾 11.3%(23)/ シンガポール 8.3%(17)/ インドネシア 6.9%(14)/ フィリピン 4.9%(10)/ アメリカ 4.4%(9)/ オーストラリア 3.4%(7)その他

出典元:株式会社Airporter
https://airporter.delivery/jpnl/

構成/こじへい

@DIME

最終更新:4/7(火) 17:32
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事