ここから本文です

虐げられた者たちが、入植者の暴虐に立ち向かう衝撃作。

4/7(火) 21:43配信

フィガロジャポン

豪州の植民地時代の歴史を、女性の視点から見返す勇気。 『ナイチンゲール』

ゆえあって北方から南半球へ流れ着く孤児の娘クレアは、仮釈放の身の男と子をもうけ、新生活を待ち望む。だが、英国軍将校の欲望の餌食となり、家族も奪われる。

終わらない“悲劇の連鎖“を、内側から告発する問題作。

アボリジニのビリーを案内役に、将校らを追ってタスマニアの森に分け入る“復讐の旅”が物語の縦軸だ。19世紀のオーストラリア開拓で各々迫害された身なのに、クレアは先住民ビリーを獣と思う。横軸はその相互不信と友愛の道。歌や鳥や森の精霊を友とした最強バディが、植民者らの暴虐を鋭く射抜く。時代の夜明けを暗示しつつ。ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞。

『ナイチンゲール』
監督・脚本/ジェニファー・ケント 
2018年、オーストラリア・カナダ・アメリカ映画 136分 
配給/トランスフォーマー
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開中
※上映日程・時間変更などの情報は各劇場公式ウェブサイトをご確認ください。
www.transformer.co.jp/m/Nightingale

*「フィガロジャポン」2020年5月号より抜粋

realisation : TAKASHI GOTO

最終更新:4/7(火) 21:43
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事