ここから本文です

若手女優 田中はな、盗撮被害を告白「声すら出ませんでした」

4/7(火) 10:01配信

ザテレビジョン

舞台女優として、またグラビアアイドルとして活躍中の田中はなが、盗撮被害を告白。被疑者が検挙されたことを報告した。

【写真を見る】グラビア方面でも活躍中の田中はな

仕事から電車で帰宅中の田中は、向かい側に座る男性が、スマートフォンを腹部前で立てるように持っていることに気付いた。その後、スマートフォンと田中の顔を交互に見るようになり、盗撮を疑い始めたという。

田中は席を立ち男性のスマートフォンを横からのぞいたところ、動画撮影画面であることを視認。同時に男性が慌ててスマートフォンを横にして映画などの動画を見始めたことから盗撮を確信した。

男性に声を掛けようとしたが、その一方で恐怖も感じた田中。すると、たまたま自宅最寄り駅で男性も下車したため、田中は後をつけた。直後、男性がトイレに入った隙に駅員へ通報し、トイレから出てきた男性を駅員が確保した。

警察の調べでは、男性が所持していたスマートフォンには、主にスカート内を狙うようなアングルで計6本の動画、約10分が保存されていたという。

■ 田中はながコメントを発表

この度は大変ご心配をおかけしました。本当に怖かったです。もし痴漢に遭ったら大きな声を出そう、犯人の手を掴んでやろうと決めていました。

しかし、いざ目の前の人が盗撮をしているとわかっても、パニックになり、声すら出ませんでした。体がカチカチになり、頭が真っ白になりながら、ふらふらと犯人を追うのが精一杯でした。

警察の取り調べ中は落ち着いていましたが、家に帰ってから震えが止まりません。自分の弱さを思い知りました。

しかし、情けないながらも、犯人を捕まえられたことは、次の被害を未然に防いだかもしれないのでよかったと思っています。

私は引っ越しをすることにしました。犯人と同じ駅を利用することを考えただけで怖くて仕方ありません。

盗撮した犯人は「なんでそんな大袈裟な」「暴力をふるったわけでもなく、ただ撮影しただけじゃないか」と言うかもしれません。しかし、これが盗撮された女性の当たり前の気持ちなのです。

犯人には、私の気持ちをしっかり受け止め、二度とこのような罪を犯さないでほしいと思います。

■ 田中はなProfile

1996年12月23日生まれの現在23歳。19歳でアイドルデビュー。卒業後は舞台にも進出し、2作目となる「爆走おとな小学生『Office-9no1-』」ではメーンキャストに抜てきされ、殺陣さばきが話題に。

次回作「LALL HOSTEL」では初ヒロインの座を射止めたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で公演が中止となった。

またグラビアアイドルとしても昨年、イメージDVDデビューを飾っている。(ザテレビジョン)

最終更新:4/7(火) 10:01
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事