ここから本文です

新型コロナ「日本の致死率は韓国より高い」は本当か “文在寅に学べ”の大嘘

4/7(火) 8:01配信

デイリー新潮

 ウイルスは国境を越える。今こそ世界が、昨年の流行語大賞である「ワンチーム」となって新型肺炎と対峙すべき時であろう。しかし、お隣の国の振舞いを見ると哀しくなってくる。

 ***

 欧州では感染者、死者ともに少ないドイツが、窮地に陥っているイタリアやフランスからの重症者を受け入れ、ワンチームを実践している。アジアもそうありたいところだが、韓国はこの期に及んで反日に勤(いそ)しんでいる。

 韓国ウォッチャーが説明する。

「新型コロナウイルス対策に関しても、韓国では自分たちが勝っていて日本は劣っているとの論調が目立ちました。曰く、韓国の感染者数が多いのは日本よりPCR検査を徹底的に実施した結果であり誇るべきもので、日本は防疫の失敗を糊塗するために韓国からの入国を規制したと。しかし、今や各国が入国規制を行っていて世界の常識になっている。日本批判はお門違いだったと言わざるを得ません」

 にも拘(かかわ)らず、日本でも韓国のウイルス対策を持ち上げるムキがいる。例えば、

「3月中旬時点で新型コロナウイルスによる致死率の世界平均が3・4%だったのに韓国は1・0%であることを紹介し、韓国の検査徹底の方針を見習うべきではないかと言わんばかりのテレビ報道がありました」(厚労省担当記者)

 それに比べ、3月29日の時点で日本の感染者数は2612人、死者は66人だから致死率は2・5%。単純にこの数字だけを比較すると「韓国礼賛」の結果が導き出されることになる。

 ところがこの致死率が曲者で、検査対象を広げれば同時に「分母」も増えるわけだから自ずと致死率は下がる。畢竟(ひっきょう)、医療崩壊状態のイタリアのような例外を除けば、検査すればするほど致死率は低くなるわけだ。

 しかし、ここで冷静に考えてみる必要がある。果たして分母は感染者数であるべきなのだろうか。

 実際、「もうひとつの致死率」が存在する。各国の研究者などが協力しているサイト「ワールドメーター」によると、3月28日時点で人口100万人あたりの死者数はイタリアが151人、韓国は3人であるのに対し、日本は0・4人に過ぎない。分母を人口にして試算する「真の致死率」は、韓国より日本のほうが圧倒的に低いのだ。

1/2ページ

最終更新:4/7(火) 10:56
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事