ここから本文です

新型コロナで脚光の「岡田晴恵教授」、和田アキ子のインスタで炎上の“微妙な立ち位置”

4/7(火) 11:00配信

デイリー新潮

 連日、新型コロナのニュースが報じられている。ワイドショーはスタジオで、専門家の解説を生放送することが多い。様々なコメンテーターが知名度をアップさせているが、トップクラスは元国立感染症研究所研究員の岡田晴恵・白鴎大教授だろう。

【写真】コロナ感染の森三中「黒沢かずこ」 日テレに与えた“ダメージ”は大きすぎる!

***

2ショットの波紋

 2月17日、岡田教授への関心が高まりだしたタイミングで、デイリー新潮は「『新型コロナ』でテレビに出ずっぱりの『岡田晴恵さん』 1日5番組、驚異的な出演回数」の記事を配信した。

 転載されたYAHOO! ニュースのコメント欄を見ると、当時は視聴者の大半が岡田教授に好感を持っていたようだ。

 YAHOO! ニュースで記事の配信元は、コメント欄の有無を選択できる。デイリー新潮はコメント欄を設定している。

 その場合、記事の下には読者からの評価が高いコメントが3つ表示される。この岡田教授について報じたデイリー新潮の記事は、どんな内容だったのか。一部をご紹介しよう(註:この記事の引用に際しては、改行を省略したり、句読点を補ったり、デイリー新潮の表記法に合わせた)。

【1番目】
《今朝の番組で春休みだから出演できてるってことは言ってましたね。また現在は全ての講演をキャンセルしたそうです。人が集まる状況を作らないようにするためだと言ってました》

【2番目】
《本当にどこを見ても岡田先生が出てますね。無理をして体調を崩して弱ったところに、新型コロナウィルスで亡くなったなんてならない様に気を付けて下さいね》

【3番目】
《なんか言いたいことがあるんだけどパニックを恐れて言えない的な発言が見えるのが気になるね》

“ネット世論”を考える際、YAHOO! ニュースのコメント欄は興味深い。賛否を示す「そう思う」と「そう思わない」のボタンがあり、投票が可能だからだ。読者が投稿したコメントを、読者が評価するシステムになっている。

 例えば4月2日現在、【1番目】のコメントに「そう思う」を押した人の数は11055人だ。その一方で「そう思わない」は926人にとどまっている。これだけの支持を獲得したからこそ、先頭に表示されたわけだ。

 ここまで賛否が可視化されるツールは、SNSを含めても、なかなか存在しない。だからこそ岡田教授に対する“ネット世論の評価”を考えるヒントになるわけだ。

 新型コロナの感染が拡大するにつれ、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系列・平日・8:00)の注目度は増していった。この番組に岡田教授は出演を続けている。

 ファンが多くなれば、アンチも増す。日刊ゲンダイDIGITALは3月8日、「新型コロナウイルスで不安を煽るだけのテレビ番組に辟易」との記事を掲載した。コラムニストの桧山珠美氏の連載「あれもこれも言わせて」の1本だ。

 文中では《「モーニングショー」では「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネットかというような巻き髪くるくるでメークもバッチリ》と、岡田教授の容姿を揶揄する記述もあった。

 だが、この時点ではネット世論の反応は乏しかった。YAHOO! ニュースで上位3つのコメントは、全てワイドショーの報道姿勢に疑問を示す内容が並んだ。岡田教授について言及したものは1つもなかった。

1/3ページ

最終更新:5/25(月) 8:33
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事