ここから本文です

桜花賞のダークホース。デアリングタクトは ウオッカ以来の「大物」か

4/7(火) 6:20配信

webスポルティーバ

GI桜花賞(阪神・芝1600m)へのステップレースのひとつ、エルフィンS(京都・芝1600m)が現在のように芝のマイル戦になったのは、1987年のことだ。以降、このレースで、1分33秒台で走った馬は、2頭しかいない。

【写真】激戦の「3歳牝馬ランキング」

 1頭は、のちに牝馬として64年ぶりに日本ダービーを制覇し、歴史的な名牝となったウオッカ。もう1頭は、今年のレース(2月8日)を快勝したデアリングタクト(牝3歳)だ。

 時計だけでは単純に評価できないものの、およそ30年という長い歴史の中で、わずか2頭しかいないうちの1頭というのは、それだけで価値がある。

 しかも、厳密に言えば、デアリングタクトの走破時計は1分33秒6。ウオッカより、コンマ1秒速い。さらに、今年の京都は、例年以上に時計がかかる馬場だった。それを踏まえると、その時計は驚異的とさえ言える。

 デアリングタクト――。今年の牝馬クラシック戦線には、とんでもない"大物"が現われたものである。

 彼女の名を一躍知らしめたエルフィンSでは、自慢の末脚が炸裂。最後の直線では、文字どおり他馬が"止まって"見えた。

「実は、デビュー戦もすごかったんですよ」

 そう話すのは、関西の競馬専門紙記者である。

「レース前から、栗東トレセンでは『走る』と評判になっていた馬。それで、その初陣にも注目して見ていたのですが、その勝ち方がちょっとすごかった。『これは、ただ速いだけの馬じゃない。勝負根性も一級品だ』と、その時に思いましたね」

そのデビュー戦は昨年11月16日、舞台は京都・芝1600mだった。2番人気のデアリングタクトは、道中は中団やや前方を追走。馬群の中で、うまく折り合っていた。

 迎えた直線。デアリングタクトの手応えは上々で、馬群の空いたところを目がけてスパートをかけようとした。すると、その矢先。前にいた馬が内によれて、スッとデアリングタクトの行く手をふさいでしまったのだ。

 デビュー戦で、競馬もよくわかっていない2歳馬にとって、そのような、スピードに乗った瞬間での不利は致命的だ。途端に、戦意を失ってズルズルと後退していく馬も少なくない。

 ところが、デアリングタクトは違った。ひと呼吸おいて体勢を立て直すと、外に持ち出して再びエンジン全開。進路をふさいだ馬をあっさりかわして、強烈な決め手を切り出して突き抜けていった。

 先の専門紙記者はこの時、この馬は「クラシック級の大物だ」と確信したと言う。

「最後の1ハロンの時計は11秒3だったのですが、不利を受けて、そこから立て直したことを考えると、この馬自身は10秒台の脚を使っていると想定できます。初めての競馬から、豪快に弾けていたんです」

 ただ、レース自体の時計が遅かったため、この勝利でデアリングタクトが評価され、大きな注目を浴びることはなかった。それでも、この専門紙記者のように、見るべき人はしっかりと評価していた。

1/2ページ

最終更新:4/7(火) 6:20
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事