ここから本文です

宮澤ミシェルが考えるアトレティコがリーグ戦不調の理由とCLでリバプールに勝てた理由「得点力が課題のチームだからこそ勝利できた」

4/7(火) 11:00配信

週プレNEWS

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第143回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマはアトレティコ・マドリードについて。中断前に6位とラ・リーガでの不調が続いているアトレティコ・マドリード。そんな中、CLでは昨季の王者であるリバプールに劇的勝利を果たした。なぜ、不調にもかかわらずリバプールに勝利できたのか? 不調の理由と合わせて宮澤ミシェルが考える。

*****

ディエゴ・シメオネにとって今シーズンの終盤戦は、監督キャリアの大きなターニングポイントになると思うよ。

2011年12月にアトレティコ・マドリードの監督に就任し、2011-2012年のヨーロッパリーグで優勝。2013ー2014シーズンは18年ぶりのリーグ優勝に導いた。

このシーズンはチャンピオンズリーグでも40年ぶりに決勝進出を果たしたよね。ポルトガルのリスボンで行なわれたファイナルは延長戦で1-4と敗れはしたものの、レアル・マドリードとのマドリードダービーを実現させた手腕は見事だった。

2015-2016年もCL決勝に進んだものの、ふたたびレアル・マドリードに敗れて準優勝になったけど、2017-2018年シーズンはヨーロッパリーグの決勝戦で酒井宏樹のいたマルセイユを破ってタイトルを獲得したよね。

この時は準決勝での退場処分によって監督は大舞台のベンチに入れなかったけど、振り返ってみれば、このエピソードもシメオネらしく思えるよ。

強烈なカリスマ性と強力なリーダーシップで、ラ・リーガでは昨シーズンまで7季連続して3位以内でフィニッシュ。CLやELでも見事な手腕を見せてきたシメオネだけど、今季のラ・リーガでは6位と苦戦が続いていたんだよね。

一番の原因は得点力。今季は27試合を終えて31得点。首位のバルセロナの63得点はすごすぎて比べるのが可愛そうだけど、2位のレアル・マドリードの49得点、3位のセビージャの39得点、4位のソシエダの45得点、5位のヘタフェの37得点だからね。

数字がすべてを物語るわけではないとはいえ、アトレティコの場合はゴールが決まらないから、勝ち点が奪い切れないという循環にハマっているのは顕著なんだよな。

1/2ページ

最終更新:4/7(火) 14:39
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事