ここから本文です

南海・野村克也、まさかの盗塁/週べ回顧

4/8(水) 10:14配信

週刊ベースボールONLINE

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

デービスの足はやっぱりすごい!

 今回は『1971年3月22日号』。定価は90円。
 
 7連覇を目指す巨人がベロビーチに旅立った。
 飛行機は“ジャンボ”。巨人関係者35人に報道陣25人が乗っていた。
 巨人の選手は、まるで五輪代表のように、おそろいのブレザー、ズボン、ネクタイだったが、小野広報部長によると、すべて寄贈されたものだったらしい。
 現地ドジャースのキャンプではモーリー・ウイルスが講師となって走塁を教わったが、足でびっくりしたのが、デービスだった。センター後方のフライにタッチアップし、なんと二塁からホームまで戻ってしまった。
 のち中日入りする選手だが、カメラを向けると王貞治の一本足打法を真似するなど、なかなかお茶目だった。
 ロッテはアリゾナへ。この年は2球団が海外キャンプを張った。

 一方、高知中村での南海キャンプの打ち上げで、まさか? のことが起こった。
 阪神とオープン戦を組んだのだが、ここで鈍足で知られた野村克也兼任監督がなんと二盗を決めたのだ。ここでまず四国のお客さんは大喜びで大拍手。
 ただ、口の悪い仲間たちは違う。
 穴吹コーチは「雨が降っていたから走ったのでなく、泳いだんだろう」。
 皆川睦雄は「19番のユニフォームを着ているけど、あれはチョロ(広瀬叔功)じゃないの」と大げさにクビを傾げる。
 南海から阪神に移籍した合田も「あんな選手は昨年までいなかった。南海は新人を入れたな」と茶化す始末だ。
 実際には雨模様でスタンドも閑散とし、まったく盛り上がらぬ中、ファンサービスとしてやったらしい。ヤング・野村(?)は、なかなかのショーマンだ。

 元巨人・ジャイアンツ馬場の連載がスタート。第1回はジプシー後藤への文句だった。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/8(水) 10:14
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事