ここから本文です

長寿を巡る数字 “早食いは短命”や“出産は20才より30才”など

4/8(水) 16:05配信

NEWS ポストセブン

 健康の「基準」は時に曖昧だ。たとえば、「もっと運動したら」と言われても、5分歩けばいいのか、1時間走らなきゃいけないのか。健康食の納豆だって、3日に1パックでいいのか、毎食食べるべきなのか。本誌・女性セブンは健康を左右する「数値」を厳密に叩き出した東西の研究をリサーチ。あなたの数字は、長生きか、それとも早死にか――。

◆出産は20才より30才の方が長生きする

 厚生労働省の発表によると、2018年の国内の平均初産年齢は30.7才。

 ヨーロッパの国々でも初産の平均年齢は30才を超えており、出産の高齢化は世界的な傾向になっている。そんな中、「女性は子供を持つ年齢が遅い方が長生きする」という、驚きの研究結果が発表された。医療ジャーナリストの室井一辰さんが解説する。

「論文では、『20才で子供を産んだ女性より、30才で出産した女性の方が長生きする』とされています。統計的な分析のため医学的な理由はわかりませんが、若くして子供を持つと生活に苦労し、健康的な生活ができないといった環境的な要因が推測されます。

 女性も社会で活躍する現代では、30才になれば経済的にも余裕があり、生活基盤がしっかりしているケースが多い。そのため、長生きすると考えられます」

 30年ほど前は、30才以上の初産は「高齢出産」といわれ、母体にリスクがあると懸念されていた。社会の変化によって寿命の常識も変わった例の1つだろう。

◆毎日、コップ一杯のフルーツジュースを飲む人は早死に

 糖分が多い甘いジュースが体に悪いということは、誰もが知っている。しかし、100%果汁のフルーツジュースなら安心だと思っていないだろうか。

 米エモリー大学が発表した研究によると、果汁100%のフルーツジュースを含む甘味飲料を1日におよそコップ1杯分(約355ml)飲む習慣がある人は、死亡率が24%も上がったという。秋葉原駅クリニックの佐々木欧さんは「カロリーの高さ」を指摘する。

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 16:40
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事