ここから本文です

かゆい部位をかきはじめると、とまらなくなるのはなぜ?謎に満ちた「かゆみのメカニズム」とは?

4/8(水) 12:10配信

OurAge

かゆみは「引っかきたい」という衝動に駆られる不快な感覚だ。今回は、40代以降の世代特有のかゆみについてお答えする。どうしてかゆくなるの?一度かきはじめるととまらなくなるのはなぜ?など、かゆみに関する疑問に答えてくれるのは、皮膚科専門医・漢方専門医で、皮膚科心身症の第一人者の小林美咲さん。
かゆみは、体の異常を知らせるSOSだ。その謎に満ちたメカニズムを知って対策を!

Q そもそもかゆみってどんな現象?
A 皮膚の異常を取り除いてほしいというシグナル。伝染病を媒介する虫や病原体の攻撃を、かゆみとして認知する生体防衛反応のひとつです。皮膚をかく掻破(そうは)行動を伴うのが大きな特徴。しかし掻破行動は皮膚を損傷し、皮膚疾患を悪化させることも。皮膚に異常がないのにかいてしまうこともあり、非常に複雑な現象なのです。

Q かけばかくほど、かゆくなるのはなぜ?
A 4段階の皮膚変化で炎症が広がるため。肌をかくことで、1.皮膚バリア機能が損傷。2.細菌やウイルスから体を守るために、免疫細胞にバリア機能損傷を伝達するサイトカインを放出。3.マスト細胞から、かゆみの原因ヒスタミンを放出。4.「軸索反射」が起きて、炎症が広がります。かゆみはかかないでいれば自然に治まりますが、かくと皮膚病変が悪化→さらにかゆみが増す→掻破…という悪循環に陥ります。対策は、かゆくても“かかないこと”が一番です。

Q ストレスがあるとかきたくなる、私ってヘン?
A 普通の防衛本能といえます。イライラして頭をかく、プレッシャーで鼻をかくなど。かゆくないのに無意識にかいてしまうのは、気持ちを落ち着かせるためのごく自然な反応です。

Q 肌が乾燥するとどうしてかゆくなるの?
A 肌が乾燥すると角層がめくれ、バリア機能が低下して、ちょっとした刺激でも過敏に反応してかゆみを感じやすくなるのです。日頃から角層を保湿するケアを。

Q かゆい部位をかきはじめるとやめられなくなるのはどうして?
A 心地よい信号が脳に伝達されるため。かくことで一時的に気持ちがよくなり、“快楽ホルモン”のドーパミンが分泌されます。これはいわば、“成功報酬”のようなもの。しかし、自分の意思で行動をやめられない「依存症」に陥ることもあり、皮膚疾患を悪化させる大きな原因に。

イラスト/伊藤美樹 構成・原文/山村浩子

最終更新:4/8(水) 12:10
OurAge

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事