ここから本文です

ラーメン屋のからあげはなぜ旨い? 『麺匠 八雲』で至極のザンギを食べてきた

4/8(水) 10:00配信

食楽web

 ラーメン屋さんのサイドメニューの定番といえば餃子を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、最近はラーメン屋さんのサイドメニューの“からあげ”がとんでもなくレベルアップしており、将来、からあげが餃子に取って代わる日も来るのでは…などと勝手に想像している筆者です。

 今回ご紹介するお店も、ラーメンはもちろん、からあげも絶品のラーメン屋さん。堀切菖蒲園駅から徒歩3分ほどの『麺匠 八雲(やぐも) 本店』です。こちらの店主はバイトAKBの元メンバー・梅澤愛優香さん。幼いころからラーメンが大好きだったという梅澤さん、アイドルとしての仕事の傍ら、麺やスープ、タレなどを研究して試作を繰り返し、2017年9月にこのお店をオープンさせました。カラアゲニストとしてはこれは試してみたい! というわけで「ざんぎ」と「味噌ラーメン」をいただきました。

絶品すぎる「ざんぎ」と「味噌ラーメン」の神コラボ

 味噌ラーメンにざんぎと来れば、ルーツはもちろん食材の宝庫・北海道。ラーメンのスープは羅臼昆布やウルメイワシなど複数の素材で出汁をとっているため、深みと奥行きを十二分に感じられる味わいになっています。味噌ラーメンは北海道味噌と信州味噌を合わせたもので、濃厚でほのかな甘みも。北海道産の小麦を使った麺はなめらか食感です。

 そしてざんぎ。目の前に運ばれてきた瞬間、ショウガとニンニクのいい香りが。う~ん、この香りだけでからあげを食べたような気分になってしまうのはなぜでしょう(笑)。ジャリッとした衣の歯ざわりがたまりません。驚いたのは肉がツルンとしていて、衣がなければうっかり飲み込んでしまいそうなほどスムーズなこと。噛もうとすると滑って歯と歯の間からツルリと逃げていくような感覚です。肉汁たっぷり、旨みも十分。しばらく口の中で転がしていたくなります。

 ショウガとニンニクの風味がやや強めですが、ガツン! と迫ってくるアグレッシブさではありません。むしろ優しく、そして爽やかに口からのどを満たしてくれます。このざんぎ、サイドメニューなので3個ですが、カラアゲニストとしてはとても足りません(笑)。もっと食べたくなって、テイクアウトもできるそうなので、思わず買って帰りました。

 さすが研究熱心な店主のお店です。ざんぎもしっかりと研究されています。こういうラーメン屋さんがもっと増えていくと嬉しいですね。サイドメニューからあげが餃子を抜く日は近いのかもしれませんよ。

店名:麺匠 八雲 本店
住:東京都葛飾区堀切3-4-13
TEL:03-6657-6880
営:11:00~15:00、17:00~22:00 ※スープがなくなり次第終了
休:月曜(祝日の場合は営業)

(取材・文◎松本壮平)

最終更新:4/8(水) 10:00
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事