ここから本文です

よくぞ作ってくれました! 時代を先取りした奇想天外な珍車たち【トヨタ車編】

4/8(水) 11:40配信

Auto Messe Web

珍車好きのハートを射止めた大胆コンセプト

 クルマに限らず、商品を販売する以上はマーケティング調査を行なって、売れるか売れないかを判断するもの。もちろんイケると判断したところで、世に出てくるのだが、それでも売れなかったりするから難しい。

【画像】車幅に比べて全長の短さがわかる「トヨタiQ」の写真

 しかし、なかには「最初から売れないんじゃない……」という、挑戦的な作品があるのも事実。意外とヒットするかも、と思ったかどうかは別として(まじめに考えたんだとは思う)、博打的なクルマも存在していた。クルマ好きにはたまらない、よくぞ作ってくれたモデルのなかから「トヨタ車編」をお届けしよう。

セラ

「スターレット」をベースに開発された、1990年に登場したコンパクトクーペ「セラ」。ガルウイングやバタフライドアと呼ばれる跳ね上げ式のドアだけでなく、ほぼ全面ガラス張りというのにも注目だ。

 当時は熱線カットガラスはなく、夏は温室地獄となったもの。いまでは安打製造機のようなヒット作ばかりを連発するイメージがあるトヨタが、2000年ぐらいまでは、突然変わったクルマを出すメーカーだった。ちなみに、セラは技術的な宣伝効果を狙っていたようだ。

iQ

 こちらもよく登場させたよな、という印象の1台。2008年に登場して、そこそこヒットしたのだが、技術的なチャレンジが多く盛り込まれていた。

 軽自動車よりも短い全長(2985mm)を持つマイクロコンパクトカーは、あまり荷物も乗らないという挑戦的なパッケージ。「大人3人と子供1人もしくは荷物」というコンセプトも珍車というより、時代を作ったクルマといったほうがいいかもしれない。

メガクルーザー

 1996年に登場したノンジャンルなクルマ。「メガクルーザー」を区分けすると、強いていえばSUVなのかもしれないが、それもそのはず、自衛隊向け高機動車の民生版がメガクルーザーとなる。

 アメリカのハマーH1とサイズやコンセプトが似ていたので、「和製ハマー」という異名も与えられたクルマだ。累計100台ほどが売れ、マスコミ向けにも取材車の用意があったのだが、2170mmの全幅など、保管も大変で借りるのに尻込みした覚えがある。

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 12:08
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事