ここから本文です

ザ・ノース・フェイスのスタッフが教える、人気アイテムBEST 5!

4/8(水) 20:13配信

GQ JAPAN

1966年に創業したアメリカを代表するアウトドアブランド、ザ・ノース・フェイスのヒット商品は?

【写真を見る】ザ・ノース・フェイスの人気アイテム5点

デザインも機能もこなれていて、それでいてコストパフォーマンスにすぐれるアイテム。Hit Item Best 5ではおなじみのブランドで人知れず売れているそんなアイテムをそこで働くスタッフが紹介する。今回はザ・ノース・フェイスの本社とショップスタッフに取材した。

Wonderlust Hoodie 31,000円(すべて税抜き表示)

“アウトドア”をおもなフィールドとするわれわれは、積極的に環境問題にアプローチすべきである。そう考えるぼくが愛用するインサレーションジャケットがこちら。生地はリサイクルされたポリエステルで、中綿とファスナーにもリサイクル可能なものを採用しています。もちろん機能も申し分がありません。はっ水加工を施した生地は多少の雨ならはじいてくれますし、軽やかでしなやかな中綿のプリマロフトには断熱素材のエアロゲルを練りこんでいるので保温効果も抜群です(芹澤昌経さん、THE NORTH FACE MOUNTAIN 副店長)

Firefly Mountain Parka 20,000円

着炎すると放出される微量のガスが燃焼部分周辺の酸素を瞬時に奪って消化する、という難燃素材を採用したマウンテンパーカです。キャンプに焚き火はセットですから、もちろんフィールドで欠かせない1着なわけですが、クラシカルなデザインがよくて街中でも着ています(森口雅司さん、THE NORTH FACE ALTER スタッフ)

Bold hooded Coat 42,000円

防水透湿素材の2層のゴアテックスを採用したフーデッドコート。フィールドウェアとしての十二分な機能をそなえながら、カジュアルはもちろん、ビジネスの場にも溶け込む汎用性があるところが気に入っています。ドライタッチのシェルが醸し出すクラシカルな雰囲気もたまりません(竹内舜さん、THE NORTH FACE STANDARD スタッフ)

Big Shot SE 18,000円

ザ・ノース・フェイス定番のデイパック。2010年に登場したモデルをリデザインし、素材の強度を高め、機能面を充実させました。背骨への負担を軽減するスパインチャネル構造、高い通気性を確保するエアメッシュ構造、背負い心地を追求したモールド成型のショルダーハーネスなどがその見どころです。いまみればちょっとダサい感じが逆に気分で、山に、街にと活躍しています(鰐渕航さん、THE NORTH FACE PR)

Camp Side Hat 5,400円

夏場になればかならずかぶるハットがこちら。キャンプシーンでの日除けとしてはいわずもがな、ふだんの着こなしのアクセントにもなってくれるすぐれもの。ナイロン素材のボディは軽いし、すぐ乾くし文句のつけようがありません。後頭部にあるサイズ調整用のドローコードも◎。シンプルなデザインで色展開も豊富なので、複数揃えてその日の着こなしで選ぶ楽しみもあります(和田斎さん、THE NORTH FACE STANDARD スタッフ)

文・竹川圭 写真・小嶋晋介、黒柳悠人

竹川圭

最終更新:4/8(水) 20:13
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事