ここから本文です

人気美容家 神崎 恵がアドバイス!「会うたびにダメ出しをする同期」

4/8(水) 20:03配信

集英社ハピプラニュース

容姿に関してのダメ出しされて悩む女性に、神崎さんが真摯に、温かくアドバイス。

美容家 神崎 恵が伝授!キレイになるテク一覧

お悩み:「会うたびに、ダメ出しをする同期」

同期入社の女性がいます。お互い、同期の中でもっと仲のいい人もいるので、そこまで仲よしではないのですが、月に1回くらいは飲みにいく相手です。彼女は美人なうえ、昔から美容にとても興味があり、いつも最新の美容情報を教えてくれます。私も美容は嫌いではなく、毎日きちんとお手入れをしているし、彼女ほどではないにしても、40歳にしては若見えだし、キレイな部類なのではないかな、とひそかに思っているのですが……。最近、会うたびに彼女から、「肌がくすんでいるわよ。もっと美容液を使ったほうがいい」とか「今日はマスカラが大げさすぎて、ちょっとイタく見える」とか、容姿に関してのダメ出しをされることが多くて。その都度ムカッとくるのですが、確かにこのところ、疲れているから肌がくすんでいるのかも、とか思い当たる節もあったりして……。でも、こう毎回のようにダメ出しされると、やはりヘコみますし、どんどん自信がなくなってしまいます。彼女に悪気はないのだと思っても、さすがに限界。このダメ出し攻撃に対して反撃をするには、どうしたらいいのでしょうか?(40歳・会社員・既婚・子供1人)

回答者はこの人! 神崎 恵さん

美容家。アトリエ「mnuit」主宰。大人ならではの美しさはアラフォーの憧れ。『この世でいちばん美しいのはだれ?』など著書も多数。毎年好評の『SCHEDULE BOOK 2020』も発売中。

■神崎恵さんの回答:人間関係に無理は禁物。 スルーし、距離を置いて

なんだか細かい指摘をしてくるんですね。言い方にとげがあるし、きっと話題を変えても、変えても、また元に戻すタイプかもしれない。私はこんなふうに言われても聞かないかな。実際、ファッションに関して、
「この服にこのアイテムを合わせるのは違う」と言われたりすることがないわけではありませんが、「え、そうなの~」と流しますね。同期の人は、ダメ出しをしてマウンティングしたいかわいそうな人。知識を披露しながら粗探しをしたいだけ。だから気にしなくてもいいですよ。取り合わずスルーして、「言ってもムダ」と思わせるのが得策です。

 もしくはダメ出しされた時、「なんでそんなこと言うの?」と聞いてみたり、「出た、またダメ出し!」と言ってみる。そこで「あなたのため」と返されたら、「私のためを思うならそっとしておいて」と。なかには鈍感な人もいるので、ムッとして怒った顔をしながら言ってもいい。「イヤな思いをしている」ということは一度伝えたほうがよいでしょう。

 あまりダメ出しが続くようなら、私だったら、「私のこと嫌いなの?」と聞いて、返事しだいで関係を断つかもしれません。アラフォーになったら、いらない人脈は排除する勇気も必要。そこまで仲よくない同期なのだとしたら、飲みにいくのをやめれば問題は解決。人間関係でムリをすることはないと思います。

そもそも変えられない容姿のことや人の好みを、大人はとやかく言わないもの。マスカラだって大げさにつけるのが好きな人もいますし(相談者のかたのマスカラが本当に大げさなのか、は疑問ですが)。私も講座に来たかたに、「ダメなところを教えてください」と聞かれたりもしますが、「ここを変えれば印象が変わりますよ」と提案することはあっても、ダメ出しすることはありません。それに、粗探しをするのって心がすり減りませんか?

 また、スルーしたり距離を置くのがむずかしいなら、自分に自信をつけるのも手です。「マスカラが大げさ」と言われて、「図星かも」とヘコむのではなく、こうだから、こういうふうにメイクしている、「あえてのスタイルです」という確信をもてればいいんです。そのためにはメイクを習ったりして勉強して、「私はこれが好き」と言えるだけのものを育てましょう。だからこのかたの場合、気にせず流すか、勉強して自信をつけるか、の二択、でしょうか。

 ただちょっと気になるのは、同期の人に少し張り合う気持ちをもっていること。キレイな人同士、相手を意識しているのかな。でも、美容って張り合うものではないですよね。自分が好きと思えればいいし、自分が心地よければいい。だからこそ何か言われてヘコんだり、反撃しようと考えるなんてつまらない。そんな時間があったら、ほかのことを考えて! 限られた時間は有効に、そしてどうか美容を楽しんでください。

■美の処方箋:自分に自信がなくなったら似合うリップを1本見つける

~SHIROの リップカラー~
「誰がつけてもキレイに見えて、肌映えする色で、幸福感を高めつつ心に自信を」。今どき感のある、セミマットなカッパーブラウン。うるおい感もしっかりキープ。
ジンジャーリップスティック 9I02¥4,000/SHIRO

【用法】
1日数回
メイク直しの時

【Mariol1月号2020年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

最終更新:4/8(水) 20:03
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事