ここから本文です

NBAプレーオフを老舗メディアがシミュレート!ファイナルはバックス対レイカーズ、果たして勝者は?

4/8(水) 18:50配信

THE DIGEST

 新型コロナウイルスの影響により、NBAは3月12日(日本時間13日、日付は以下同)からレギュラーシーズン中断に踏み切った。それから4週間が経過しようとしている現在も、再開の目途は立っておらず、結論を出すのは早くても5月になるだろうと『ESPN』が4月7日に報じている。

【動画】“仮想”ファイナル?3月7日に行なわれたバックスvsレイカーズをプレーバック!

 もしシーズンが再開したとしても、残りのレギュラーシーズンをすべて行なうのか、それとも現在の順位のままプレーオフへ突入するのかなど、詳細を詰めていくのは困難を極めそうだ。

 そんななか、アメリカの老舗スポーツ誌『Sports Illustrated』が、「もし今からプレーオフが始まったら?」というシミュレーションをしていたので、筆者の見解も交えながら紹介したい。
 
 まずはシーズン中断時点におけるイースタン・カンファレンス、ウエスタン・カンファレンスの上位8チームとその戦績を見てみよう。
※同勝率の場合はシーズン中の直接対決によってシード順位が決定

■イースタン・カンファレンス ※丸数字はシード順
①ミルウォーキー・バックス(53勝12敗/81.5%)
②トロント・ラプターズ(46勝18敗/71.9%)
③ボストン・セルティックス(43勝21敗/67.2%)
④マイアミ・ヒート(41勝24敗/63.1%)
⑤インディアナ・ペイサーズ(39勝26敗/60.0%)
⑥フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(39勝26敗/60.0%)
⑦ブルックリン・ネッツ(30勝34敗/46.9%)
⑧オーランド・マジック(30勝35敗(46.2%)

■ウエスタン・カンファレンス ※丸数字はシード順
①ロサンゼルス・レイカーズ(49勝14敗/77.8%)
②ロサンゼルス・クリッパーズ(44勝20敗/68.8%)
③デンバー・ナゲッツ(43勝22敗/66.2%)
④ユタ・ジャズ(41勝23敗/64.1%)
⑤オクラホマシティ・サンダー(40勝24敗/62.5%)
⑥ヒューストン・ロケッツ(40勝24敗/62.5%)
⑦ダラス・マーベリックス(40勝27敗/59.7%)
⑧メンフィス・グリズリーズ(32勝33敗/49.2%)

 そして、同誌のファーストラウンド シミュレーション結果は次のとおりだ。

■イースト
①バックス    4-0 ⑧マジック
②ラプターズ   4-0 ⑦ネッツ
③セルティックス 4-2 ⑥シクサーズ
④ヒート     4-1 ⑤ペイサーズ

 戦力、プレーオフ経験の両面から見ても、バックスとラプターズは順当にスウィープ(4連勝)で突破する、という同誌の見解はもっともだろう。セルティックスとシクサーズの対決は、シーズン戦績こそシクサーズの3勝1敗だが、シーズンを通してアウェーにめっぽう弱く、勝負どころにおけるエースが曖昧という不安要素もあり、シリーズを勝ち抜くのはセルティックスと予想している。ヒート対ペイサーズについては、シリーズのトップ2プレーヤーがヒート(ジミー・バトラー、バム・アデバヨ)におり、選手層も厚く、優勝経験を持つエリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)がいる点を理由にヒートに軍配が上がった。
 

1/3ページ

最終更新:4/8(水) 18:50
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事