ここから本文です

コロナ禍でも授業を続行した「学習塾」の大問題

4/8(水) 5:20配信

東洋経済オンライン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国が緊急事態宣言を発令した。東京都は学習塾には「原則として施設の使用停止」などを要請する方針だという。

 学習塾にわが子を通わせる親たちは「塾がどうなるか」と不安を抱えるが、各塾でコロナ禍との向き合い方はバラバラな印象を受ける。

 都内に住む40代の女性は、テレビのニュース番組でスタジオの様子が変わっていることに気づいた。アナウンサーやコメンテーターがかなり離れて座っている。

 ソーシャルディスタンス。他人との距離を1.8メートル以上を保ち、濃厚接触を避ける社会的距離という意味だ。

 ふーん、なるほどね――納得していると、5歳と小学4年生の息子2人が、テーブルで離れたりくっついたりしてふざけている。それを眺めていて、もっと大事なことに気づいた。

■安全か、子どもの将来か?  命がけの塾通い

 「そういえば、お兄ちゃんの塾ってぎゅうぎゅうだよね……」

 昨年から通い始めた近所の学習塾はマンションの1部屋を2つに仕切り、それぞれ8畳ほどの部屋におおむね8人ずつが同時に授業を受けている。換気扇は台所にはあったけれど、部屋にはない。

 「夫と相談して、いったん休会することにしました。塾側は来たいという子がいる限り営業する、と。月謝制だからでしょうか。子どもは大丈夫という人もいるけれど、上の子は学校に上がるまでは、喘息性気管支炎の症状もあったので。すごくよくしてもらっていた塾なので子どもは寂しそうでしたが、コロナが収まったらまた通えるからと説得しました」と女性は残念そうだ。

 中学受験を予定している新6年生になると、事情はさらに深刻だ。

 同じく都内に住む会社員の女性の長男は6年生。中学受験に積極的な夫の考えで、少人数制の個人塾に今現在も通い続けている。塾で自習をして1日中いる子のほうが合格率が高いと聞いた夫は「1日塾にいろ」と息子に命じたが、女性は「リスクが高すぎる」と反対。授業のみに通うことで折り合いをつけた。

 「同じスペースに自習で来ている子どもが4~5人と決して多くはありませんが、万が一コロナに1人かかったら終わりだと思うと恐ろしい。先生との1対1の対面授業もどうかと思う」。命がけの塾通いに、女性は不安を隠さない。

1/4ページ

最終更新:4/8(水) 5:20
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事