ここから本文です

宇垣美里が一番心に残った金言とは?/映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』

4/8(水) 15:46配信

女子SPA!

 2019年3月にTBSを退社し、ますます活躍の場を広げたフリーアナウンサー・タレントの宇垣美里さん。

⇒【写真】『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』より

 コスプレ姿の披露や大のアニメ好きで知られていますが、映画愛が深い一面も。

 そんな宇垣さんが公開中のドキュメンタリー映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』についての思いを綴ります。

●作品あらすじ: 南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカ。極貧家庭に育ち、左翼ゲリラとして権力と戦って逮捕され、愛するパートナーと離ればなれの13年にわたる獄中生活を経て、大統領になり国民から愛されました。

 全世界から注目を浴びるようになったきっかけは、2012年のリオデジャネイロの国連「持続可能な開発会議」でのスピーチでした。世界中に感動を与え、ムヒカは2013年、14年とノーベル平和賞にノミネート、日本でも多数の本が出版され2016年には初来日を果たしました。

「世界中で彼だけが腐敗していない唯一の政治家だ」と直感したのが名匠エミール・クストリッツァ監督。『アンダーグラウンド』をはじめとする名作を生み出し、2度のカンヌ映画祭最高賞(パルムドール)受賞など世界三大映画祭すべて受賞したクリトリッツァ監督は、2014年からムヒカの撮影を開始し、2015年3月1日に大統領としての任期満了する感動の瞬間までをカメラに収めました。

 クストリッツァ監督は、ムヒカ夫人であるルシア・トポランスキー議員にもスポットをあてています。

 彼女もまたゲリラ活動に身を投じ、夫とは別に逮捕され合計で13年に及ぶ投獄生活を送りました。その後、上院議員を経て、夫の大統領退任後である2017年9月から2019年11月まで副大統領を、2020年3月から再び上院議員を務めています。

 クストリッツァ監督は、ルシア議員がムヒカの成功の最大の秘訣だといいますが…副題にもある、愛と闘争の男のドキュメンタリーを宇垣美里さんはどう見たのでしょうか?

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 15:46
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事